2015年の活動は全て終了いたしました。最新の情報はこちらからご確認ください。

経済・環境政策委員会




経済・環境政策委員会    委員長 金城 景敏

Ⅰ.基本方針

 経済・環境政策委員会は、経済と環境が好循環する持続可能な社会の実現を目指します。
世界では人口増加による資源枯渇が問題視されています。日本では東京一極集中の加速により、2050年で人口1億人を切ることが予測されます。
 また、2011年東北大震災以降、原発が停止(一部再稼働)している中、再生可能エネルギーへの転換がすすめられますが、FIT(再生可能エネルギー固定価格買い取り制度)も制度不備により、暗礁に乗り上げています。
 持続可能なモデル地区を創設することが緊急課題であると認識します。
 「循環型社会の実現」、「自立自走型社会の実現」、「利便性と快適性を追求した社会の実現」を柱とし東京や日本人の持つ独自性と優位性を加味した「サスティナブルシティ新東京」をビジョンとして明確化しております。
 本年度は、地方都市との産業連携、人的交流を視野に入れ、今後迫りくる少子高齢化社会、資源の自給率向上、地域雇用の創出を含めた双方向の都市・地区発展モデルを提案し、活動目標を立案します。立案した活動目標については、各地区委員会を含めた東京青年会議所全体へと伝播するよう運動展開致します。
 また、我々のビジョン、提案する都市・地区発展モデル、立案した活動目標について、東京青年会議所をはじめとする、各種団体、組織へ発表する場を設け、アライアンスを構築し、都政、国政への波及効果を目指します。

 







Copyright (C) 2015 TOKYO-JC All Right Reserved.