2016年の活動は全て終了いたしました。最新の情報はこちらからご確認ください。

第1地区室




 第1地区室   理事 上笹貫 格士

Ⅰ.基本方針

 中原理事長の所信に書かれている通り、地区委員会はその地域の問題点を発見し、解決させるための具体的な行動に移すことによって、地域の活力を引き出すことができます。また、委員長の大きな役割のひとつがメンバーへ成長の機会を提供することです。私は担当理事として地区委員会の活性化をはかります。地区委員会メンバーが活性化すれば、明日の社会を創る人財が育ち、未来を切り拓いて東京の活力溢れる都市モデルの創造が可能になります。
 東京JCの切実な課題は委員会活性化と会員拡大です。メンバーが地区委員会や東京JCの運動に参加するやり甲斐や楽しさとメンバー同士の絆の貴重さを体感できる委員会へと活性化をはかることから始めて、メンバーのモチベーションを高めながら運動の発展と会員拡大につなげ、先輩方が築いてこられた運動を今後も発展させていく次代のリーダーを育成できるように、各委員会に共有をはかります。また、各委員会ごとの個性や事情を把握して、長所をさらに活かして、課題となっている部分の解決に尽力いたします。
 都民意識調査を実施することにより、どのような運動が地域から必要とされているのか、JCは地区においてどのような印象をもたれているのかなどを把握して、地域の課題を解決する運動展開に役立てるとともに地区委員会の活性化につなげます。






Copyright (C) 2016 TOKYO-JC All Right Reserved.