2016年の活動は全て終了いたしました。最新の情報はこちらからご確認ください。

国際室




国際室  室長  塚田 耕太郎

Ⅰ.基本方針

 日本は人口減少を伴う超高齢化社会を目前に、労働人口の減少や社会保障制度の崩壊等が指摘されており、訪日外国人や国内への投資を増やし、海外の富を日本に取り込む努力が不可欠ですが、日本の魅力を海外に発信するためには、国際社会を構成する一員としての責任を自覚し、自国の国家観や精神性を正しく身につけるグローバルシティズンシップが不可欠です。
2016年国際室は、2015年に国際アカデミーが東京で開催されて多くのメンバーが国際の機会に触れたことを好機と捉え、グローバルシティズンシップ推進委員会と国際渉外委員会が車の両輪となって、国際系委員会以外のメンバーも巻き込むことにより、グローバルシティズンシップを身に付けた東京のファンづくりを率先してできるメンバーを増やしていきます。
まずは、グローバルシティズンシップ推進委員会が、3月例会・9月例会等の機会を通じて、メンバーに対してグローバルシティズンシップの意識付けを行います。そして、国際渉外委員会が、ASPACや世界会議等のJCI諸会議を通じて、メンバーに対して国際交流を実践する機会の提供と参加の呼び掛けを積極的に行います。






Copyright (C) 2016 TOKYO-JC All Right Reserved.