公益社団法人 東京青年会議所(東京JC)

公益社団法人 東京青年会議所

公益社団法人 東京青年会議所8月例会報告

8月例会報告

Updated date 2017/09/01

平成29年7月30日、両国国技館において、2017年度8月例会「第33回わんぱく相撲全国大会『夢に向かって熱くなれ‼』~つながりから学ぶ和の心~」が開催されました。

 

【前日企画】
元旭天鵬関(大島親方改め友綱親方)に講演をして貰い小学生時代、現役時代、現在の夢を語って頂き、あかつ氏、きんぼし氏には相撲の楽しさを語って頂き参加者には相撲の楽しさ、厳しさを語って頂きました。

 

【相撲部屋宿泊】
大会に参加する子供達は大会前日に相撲部屋への宿泊を行いました。相撲部屋宿泊が交流を通じ友情を育む場となり、感謝・思いやりの気持ちを育てました。

 

【取組】
各地域を代表するわんぱく力士396人が学年別トーナメント方式で取組を行いました。子供達は両国国技館の土俵の上でひたむきにぶつかり合い取り組み、勝つことの喜びや負けることの悔しさを経験し、これからの「夢」に向かって熱くなりました。当日はニコニコ動画にて生放送を行い全国へ大会の様子を配信いたしました。

【応援動画・色紙】沢山の応援動画は、ニコニコ動画生放送で配信し、48027人の方に視聴して頂きました。また、一部のわんぱく力士を放送ブースに呼ぶ事も新たに試しました。当日色紙は、両国国技館内に展示し、多くの人に閲覧され、地域への感謝の気持ちを展示し、記念に撮影して居る子供達、保護者の方が大勢居ました。

【相撲体験】参加者の兄弟、女性の子供達などを中心に参加頂き子供達が飽きずに試合に集中できたと親御さんにも大好評でした。

 

【相撲道スタンプラリー】スタンプラリーによって、1000食用意したちゃんこも完売し、力士パネルも大盛況で僕も力士になりたいと55%の子供たちが回答し、91%の子供たちが相撲の歴史、日本の文化、和の心を学べたと思います。