公益社団法人 東京青年会議所(東京JC)

公益社団法人 東京青年会議所

公益社団法人 東京青年会議所所信表明

公益社団法人東京青年会議所 2018年度理事長当選人所信
石川 和孝

石川 和孝

1の使命感
好循環で創る世界都市
「東京」

東京青年会議所は、日本で最初に創設されたLOM認証番号「1」の青年会議所です。「使命感」それは、「限りある人生で何を成し遂げるのか?」「人としてどのように生きるのか?」を自分に問い続け、人生を歩んでいくことです。戦後間もない1949年、先達が志を持って新日本の再建に立ち上がりました。住み暮らす自分たちの街である東京が焼け野原になった姿を想像してみてください。そして、その状況を目の当たりにしながらも使命感を燃やした創始の姿を想像してみてください。その若者の使命感はとてつもなく大きく、明るい豊かな社会を築き上げる力の源であったはずです。私たちは、その確固たる使命感を継承していくことができます。なぜなら「個人の修練」「社会への奉仕」「世界との友情」という創始の精神が、東京青年会議所には68年間脈々と流れているからです。1の使命感を持って社会に好循環をもたらし、日本が世界に誇る魅力溢れる都市「東京」を創りあげましょう。

明るい豊かな社会の実現に向けて

青年が明るい豊かな社会を目指して取り組むべき課題は一つではありません。少子化・高齢化、デフレからの完全脱却を目指す経済、未来への投資である教育、世界に誇る首都東京としての国際問題など課題は多岐に亘ります。その多くの課題に対し、課題解決を目指すための東京青年会議所運動は、「政策・立案・実行」という意識を持たなければなりません。事業を構築するにあたり、エビデンス(根拠)を基に政策を立案し、具体的な社会実験から運動を起こす。そして、運動の成果を政治に届け、政治の力で社会システムに変革を起こし、地域を発展させていく好循環が必要です。地域の発展に寄与することは地域益ですが、東京の地域益は国益へと直結する価値を見出します。私たちの運動は想いだけで創るものではありません。東京の地域発展で日本にも好循環をもたらし、日本に明るい豊かな社会を創りあげましょう。

東京オリンピック・パラリンピックを東京青年会議所の岐路に

2018年は2020年東京オリンピック・パラリンピック開催まで残り3年を切る年になります。本大会における成功は日本国内に活気をもたらすのはもちろんですが、東京青年会議所が準備段階から大会の中枢に携わることができれば、東京青年会議所にも様々な効果をもたらします。例えば、一つの目標に向けた東京青年会議所内の一体感の醸成やオリンピック・パラリンピックの成功に寄与する団体としてのブランディングの確立、更には拡大にも繋がります。また、LOMによる率先した関与は、日本にある696の各地会員会議所の同志にも夢を届けることもできます。2020年以降の更なる運動の飛躍を目指すためにも、使命感と一体感を持ってこの機会を掴み取り活用していきましょう。

組織力の強化

拡大は社会変革や組織の繁栄に欠かせない運動の一つです。私たちが東京の問題を解決するためには、多様な価値観を持ったメンバーを増やし、大規模な社会変革運動を継続していく必要があります。しかし、ただ単に人数だけいれば良いというものではありません。拡大という意識を「拡充」という意識に変化させ、人数と力の充実を同時に図っていく必要があります。現役会員数1,000名を目標としている今、東京青年会議所に所属するメンバーが自己成長する修練を積み重ね、魅力溢れる事業で入会候補者を増やし、新入会員メンバーを育てる拡充の仕組みを創りあげることで、組織力を向上させる好循環を創りあげていかなければなりません。JCは自己修練の場であり、社会変革に必要な「道具」です。道具は使うものであって使われてはいけません。JCという道具を使い倒し、多くの優秀な人財で東京に巨大旋風を起こす強力な組織を創りましょう。

個人力の強化

私たちは家庭や会社、地域等の場において責任を有する青年です。青年会議所で修練を積み重ね、自己成長することによって様々な好循環をもたらします。自己修練で得られる個人の成長は、家庭内の充実に繋がり、知識と知恵を社業に還元すれば会社が発展し、会社の経済発展は地域の発展へと繋がります。私たちはJCと本業の両立によって地域の好循環を創りあげることができます。すなわち、私たちの自己成長こそが明るい豊かな社会への一歩となっているのです。自己成長には、「他人との比較ではなく、理想の自分と現状の自分を照らし合わせた時に生まれる葛藤」が必要です。JCで学び、家族を守り、社業を発展させ、地域発展をもたらす好循環を創るために、個の力を磨いていきましょう。

終わりに

「破天荒な青年であれ」
1の使命感を持って40歳までの青年時代を破天荒に生きよう。
その先には日本、世界を牽引する大都市東京の姿が必ずあるから。

石川 和孝