公益社団法人 東京青年会議所(東京JC)

公益社団法人 東京青年会議所

公益社団法人 東京青年会議所キャビネット挨拶

理事長 波多野 麻美

波多野 麻美

公益社団法人東京青年会議所(以下東京JC)のホームページにお越しくださり、ありがとうございます。
「新日本の再建は我々青年の仕事である」
68年前、私たちの先輩はこの言葉に集い、東京JCを設立しました。この言葉は、焼け野原になった東京を前に、この国をもう一度ゼロから立ち上げようとする青年たちの志を言葉にしたものです。青年の使命を果たすために行動を起こし続けた先人たちの歴史があって、今の東京JCがあり、私たちの住む東京があります。私たちは日本人として、都民として、今を生きる青年として、自覚と誇りを大切に、東京の未来の在るべき姿を私たちの行動によって創りだしていかなくてはなりません。
2017年度の東京JCのスローガンは 和の心を世界へ 美徳溢れる国際都市「東京」の実現 です。
和の心とは、「相手を慮り調和する心」です。日本人の美徳の中には和の心が息づいています。
集団としての秩序、礼儀を重んじる態度、謙虚で節度ある行動、心を込めたおもてなし、これらの美徳は、すべて「和の心」が根底にあり、私たちの大切な価値観となっています。社会はそこに属する個人によってつくられます。まずは東京JCメンバー自らが、リーダーとして地域と世界をつなぐ先駆者となり、東京の価値を創造していくのです。そして和の心を東京、日本だけでなく世界にも広めていかなくてはなりません。世界の人々が和の心を重んじて行動し、弱者への共感を忘れずに多様な価値観を受け入れることができれば世界が抱える問題は協調性を持って平和的に解決されていくでしょう。和の心を行動で示し、世界へ広めていくことで恒久的な世界平和へと導いていくことが国際社会を牽引していく日本人の担うべき役割と考えます。
美徳溢れる国際都市「東京」とは、
「日本人としての自覚と誇りを持って、積極的に世界と関わる市民が、多様性と調和の重要性を認識し、新たな価値を生み出し成長し続ける都市」です。
私たち東京JCは「美徳溢れる国際都市東京」の実現のために、3つのテーマに取り組んでいきます。
1つ目は「和の心を世界へ発信する真の国際人の育成」。
2つ目は「多様な個性を組織の強みに変えるダイバーシティマネジメントの推進」。
3つ目は「東京JCブランドの確立による新たな価値の創造」です。
東京JC創始の志と和の心を胸に時代に先駆けた運動を行い、美徳溢れる国際都市東京の実現に向けてメンバー一丸となって邁進していきます。一年間、どうぞよろしくお願い致します。

副理事長 村瀬 義則

村瀬 義則

ダイバーシティ推進室(総合政策委員会、対外連携推進会議)ならびに東京JCブランディング室(東京JCブランド確立委員会、東京JCムーブメント発信会議)を担当致します。
政策系については2016年度の「人口減少を伴う超高齢化社会」というテーマを継承するとともに、多様な個性を組織の強みへと変える社会を目指し、ダイバーシティを推進すると同時に、東京JCの運動をさらに拡大させるために外部団体との連携を強めていきます。また、東京JCのブランディング及びムーブメントの発信を通してさらに価値ある団体となるよう新たな施策を展開致します。
課題先進国である日本の首都東京がさらに美徳溢れる国際都市となるよう邁進してまいります。
一年間宜しくお願い致します。

副理事長 上笹貫 格士

上笹貫 格士

23地区委員会・会員拡大および防災・減災推進協議会を担当させて頂きます。2016年度の第5回都民意識調査により地域の課題を明確に把握することができました。
各地区委員会がダイバーシティを推進するという同じ目的意識のもと、市民から真に必要とされる運動の展開により、能動的変革者として地域の課題を解決していきます。また、地域の関係団体との密接な関係を発展させて、防災・減災推進への取り組みを構築していきます。
東京JCには多様な個性を持ち魅力溢れるメンバーが沢山います。
全員の力でインパクトある運動の拡大に取り組み、地域の未来を先導する運動を展開していきますので、ご支援どうぞよろしくお願いいたします。

副理事長 堀口 泰佑

堀口 泰佑

2017年度、政治行政政策特別委員会・わんぱく相撲特別委員会・東京JCメンバーシップ特別会議を担当いたします堀口泰佑と申します。
教育グループとして、わんぱく相撲を通した和の心の醸成を初め、若者世代には政治参画意識教育を通した主権者意識の確立を軸に運動を展開してまいります。また、東京JCメンバーシップにおいて新入会員を対象に委員会の枠を超えた活動を通して、自己成長・ネットワーク構築を起点としたメンバーシップの確立を推進してまいります。東京青年会議所メンバーを初め多くの地域住民を巻き込んだ運動を展開し、社会貢献できるよう邁進してまいります。
一年間、何卒宜しくお願い致します。

副理事長 伊澤 英太

伊澤 英太

2017年度、国際政策室、例会特別委員会を担当いたします、伊澤英太と申します。国際環境の変化は目まぐるしく、東京が世界を牽引し海外諸国へ競争力を示していくには、人的資本が必要です。
日本人としての自覚と誇りを持ち併せ、歴史や文化に息づく和の心を世界に発信をする。
更に東京JCの強みを活かした民間外交を推進して行く事で真の国際人を構築し、美徳溢れる都市東京の実現を目指して参ります。そして例会は我々東京JCの運動を最大限に発信出来る場であります。
理事長所信を具現化し、一般市民に必要とされる運動を、理解し易く発信する事で新たな賛同者や多くの仲間を増やしたいと思います。
一年間どうぞ宜しくお願いいたします。

専務理事 福田 貴之

福田 貴之

2017年度専務理事を拝命いたしました福田貴之と申します。
私たち東京青年会議所は公益社団法人格を2011年に取得して以来、公益に資する事業展開が求められております。我々の行う事業・運動は創始の理念を引き継ぎ、当該年度の理事長所信に基づいて行われます。我々は法令や定款諸規則、コンプライアンス遵守にはじまり、公益に資する運動であることを担保するよう運営に邁進していきます。また、本年度は安定した財務基盤の構築を目的に財務運営会議を立ち上げました。賛助企業を募り、将来に向けて財務の安定化・仕組化を計り、それを基に公益に資する運動を力強く展開していく所存です。
一年間どうぞよろしくお願いいたします。