公益社団法人 東京青年会議所(東京JC)

 

みなさん、こんにちは!

 

突然ですが、

皆さんは『ボッチャ』というスポーツを

ご存知でしょうか?

 

 

ボッチャは、

重度脳性麻痺者もしくは

同程度の四肢重度機能障がい者のために

考案された

ヨーロッパ生まれの

パラリンピック正式種目です。

 

ジャックボール(目標球)

と呼ばれる白いボールに、

赤・青のそれぞれ6球ずつのボールを

投げたり、転がしたり、

他のボールに当てたりして、

いかに近づけるかを競います。

 

東京青年会議所文京区委員会では、

主に生徒・児童の心身の発達を目的とした

教育事業に取り組んでおり、

 

加えて、東京パラリンピックに向けて

機運を盛り上げるため、

「こころのバリアフリー推進プロジェクト」

と題し、

パラリンピックスポーツ体験会等を通じて

障害のある方とない方が交流できる事業を

昨年より開催しています。

 

その一環として、ボッチャ体験会を開催し、

関心の輪を広げるべく取り組んでおります。

 

 

さる3月11日(日)、

『文の京ネットワーク 

 ボッチャ普及講習会&大会』

開催され、

文京区委員会のメンバーも

参加させて頂きました。

 

 

メンバー自ら体験させて頂くことで、

競技に対する知見を

深めることができました。

 

 

 

「こころのバリアフリー推進プロジェクト」

成功と

“こころのバリアフリー”推進に向け、

今後も邁進して参ります!