公益社団法人東京青年会議所

東京JCブランド
確立委員会

Updated date 2017/01/17

東京JCブランド確立委員会  委員長 熊木 亮介

Ⅰ.基本方針

 東京には現在、そして今後の解決すべき問題として数多くの問題が指摘されている。東京JCはこれまでも様々な事業で社会にインパクトを与えてきた。しかし、1989年以降会員数が減少の一途を辿っていたことは事実である。そこで、現在の東京JCの抱える諸課題を今一度多方面から再認識する必要がある。また、全体事業が少なくなっていることから分かる通り、地区委員会を超えたメンバー間の情報共有について現状充実していないため、活動が各地区、各委員会単位での部分的な活動に留まっており、団体のメリットを生かしきれていない。そこで、本委員会において、内・外共に円滑にコミュニケーションが取り合え、個々の意識を向上させる仕組みを今一度デザインする事が急務である。【JCBdesign】対外発信物のデザイン企画立案、制作、運営を行う。【理事長チャンネル】東京JC初となる女性理事長は東京JCのブランドイメージに大きく影響するため効果的な動画配信を行う。【ブランディング】東京JCの現状を多角的に掘り下げると共に課題の仮説、検証を通してブランドを確立する方法を模索する勉強会を開催【JCadapta】メンバー配布資料、活動情報を逆引きできるシステムを構築しさらにメンバー情報検索システムによるメンバー間の繋がり強化を目指す。【例会】東京JCブランドのさらなる向上と対外的認知度の上昇を目指した、社会的インパクトのある例会を開催。