公益社団法人 東京青年会議所(東京JC)
9月10日(日)開催の「北区つながり創造プロジェクト~多世代でつくる未来~」の職業体験ブースの紹介をいたします。  

A.技術者タイプ

pamphlet_Back 自分で組み立てたロボットを、自作プログラムで実際に動かしてみよう! 講師:プログラマー 古本雅裕 ロボットカーの製作を体験していただきます。簡単なプログラミングや、ロボットのモーターの制御を学ぶことができます。 自分のアイデアを実際に形にすることは、とっても楽しいですよ! 楽しいこと、興味のあることを追求することがお仕事につながります。まずはテクノロジーで遊んでみましょう! 場所:ダイエー前スペース

B.研究者タイプ

pamphlet_Back 今話題のドローンで空撮体験 -ドローン体験 – 講師:東陽商事株式会社 今話題のドローンについての解説・飛行ルールの説明を行い、参加者には実際の体験飛行をしてもらいます。 Phantom3 Advance, Phantom4, Mavic Pro の3機種を体験していただくことができます。 ※雨及び強風の場合は、ドローンの飛行シミュレーションを体験していただきます。 場所:赤羽公園広場

C.クリエータータイプ

pamphlet_Back アプリUI設計~世界の主流ペーパープロトタイプを体験しよう~ 講師:WEB デザイナー 山本美代子 アプリの設計はPCを最初に使用せずに紙ベースで設計することがあります。それがペーパープロトタイプです これは、紙で設計することによって、ユーザーテストしやすい、ユーザーテストを基にした結果を改善しやすい、開発スピードの加速もできる、かつ、チームで共有しやすい、などなどの利点があり海外を中心にウェブサービスの多くの企業が導入していいます。 今回は、実際のアプリの設計を体験してもらい、主要なポイントを理解してもらいたいと思います。 下記のような手順で体験していただきます。 ①アプリ用件定義…どんな機能、誰が使用するのか ②ユーザー行動…ユーザーの立場で考える ③ペーパープロトタイプ…PCを使用せずに紙ベースで設計する ④発表…他の人がどんなアプリを作成したか共有する 場所:ダイエー前スペース

D.対人支援タイプ

pamphlet_Back 法律家体験 裁判『家政婦のみたらしダンゴ』 講師:弁護士 吉原隆平+ 濵川俊+ 北永久 「みたらしダンゴを好きな人に嘘つきはいません。だから目撃証言は信用できます。被告人は有罪です。」 検察官は最後にそう述べた。はたして証言は信用できるのか!?模擬裁判を通じて裁判官・検察官・弁護士の仕事を体験し、事実認定の方法など刑事裁判の基本を学べます!! 場所:ダイエー前スペース
【職業体験ブース紹介02】へつづく   まず、下リンクの自己分析シートに回答した上で、自分の適性を見てみよう! 自己分析シートURL http://d8z42jn0rdz70.cloudfront.net/ 開催概要については下記の投稿をご覧ください。 http://tokyo-jc.or.jp/kita/777 当日のプログラムについては下記の投稿をご覧ください。 http://tokyo-jc.or.jp/kita/839