公益社団法人 東京青年会議所(東京JC)

公益社団法人 東京青年会議所

公益社団法人 東京青年会議所5月例会案内

5月例会案内

Updated date 2017/03/02

来るべき高齢化・人口減少を乗り切るための「働き方」改革を提言!
2枚目の名刺を持つパラレルキャリアの実践者が語り尽くす!

bn1

ニコニコ生放送はこちら

※通信環境が不安定の為、途中配信が途絶える可能性があります。予めご了承ください。

 

 

人口減少によって労働力人口は今後、減り続けていきます。

2014年の労働力人口6587万人と比較して、2030年には1割以上(787万人)減少し、5800万人になるとされています。

今の経済規模を維持するためには、ひとり1人の生産性を高めることが必要です。

また、長時間労働をしている人が諸外国と比較して多く(特に男性)、育児と仕事との両立が難しい、子供が生まれても二人目以降は産みにくい社会になっています。

「働き方」改革の一つとして、仕事以外の地域活動・NPO活動を行うパラレルキャリアが注目を集めています。

また、定年退職後に生きがいを失って独居老人化する「サラリーマンの高齢化」が社会問題となっている中、パラレルキャリアは仕事一筋・会社依存のキャリア構築から脱却できる手段としても有効です。

本例会では、基調講演に加えて、パラレルキャリアの実践者をパネリストとしたディスカッションを行います。参加者全員がパラレルキャリアの意義を理解し、かつ実践できるよう具体的なアドバイスをご提供します。

 

米倉氏写真(クレジット不要)

米倉誠一郎氏

現在、一橋大学イノベーション研究センター教授、アカデミーヒルズ日本元気塾塾長、プレトリア大学日本研究センター顧問、『一橋ビジネスレビュー』編集委員長。

一橋大学社会学部(1977年)・経済学部(1979年)卒、同大社会学修士(1981年)。ハーバード大学PhD(歴史学博士、1990年)。

企業経営の歴史的発展プロセスを戦略・組織・イノベーションの観点から研究。著書に、『経営革命の構造』(岩波新書)、『企業家の条件』(ダイヤモンド社)、『脱カリスマ時代のリーダー論』(NTT出版)、『創発的破壊:未来をつくるイノベーション』(ミシマ社)、『オープン・イノベーションのマネジメント』(有斐閣)、『二枚目の名刺 未来を変える働き方』(講談社)など多数。

 

石山教授

石山恒貴氏

法政大学大学院政策創造研究科教授。専攻分野(研究課題)は雇用及び人的資源管理。

一橋大学社会学部卒業。産業能率大学大学院経営情報学研究科経営情報学専攻修士課程修了。

法政大学大学院政策創造研究科政策創造専攻博士後期課程修了、博士(政策学)。

一橋大学卒業後、日本電気(NEC)、GE(ゼネラルエレクトリック)、バイオ・ラッド ラボラトリーズ株式会社執行役員人事総務部長を経て、現職。

ASTDグローバルネットワークジャパン理事。『時間と場所を選ばない パラレルキャリアを始めよう!「2枚目の名刺」があなたの可能性を広げる』を発刊。

 

西村先輩

西村剛敏氏

1966年東京生まれ。1990年3月、日本大学工学部建築学科卒業。同年4月、明成建設工業株式会社入社。1995年、東京JC入会。

平成17年に社団法人東京青年会議所第56代理事長に就任。同年、明成建設工業株式会社代表取締役就任。

「大企業や大資本に頼ることなく、市民の手で市民のためのサッカークラブがつくれないものか?」「首都東京から都民ひとり一人の手によって世界に通用するクラブがつくれないものか?」

そんな想いから、2010年に東京23フットボールクラブを立ち上げ、子供からお年寄りまでいくつになってもサッカーをプレーできる環境を作り、限りなく高見を目指すトップチームとそれを支えていく熱いサポーターのためのクラブ作りに励んでいる。

 

樋下稔生氏

1954年東京生まれ。77年電通入社後、電機や飲料、公営競技、中央官庁等の広告広報キャンペーンに従事。

2004年、自治体職員が多く働く財団法人地域活性化センターへ出向し、地域づくり助成事業に従事。その後、2011年、自治体職員等を受け入れて広報を学んでもらう塾(ソーシャル・コミュニケーション戦略プロデューサー塾)に従事。

60歳定年となった後、2015年から島根県雲南市にて「地方創生情報発信アドバイザー」、「日本遺産に係るアドバイザー」に就任。

 

鈴木美穂

鈴木美穂氏

NPO法人maggie’s tokyo共同代表/STAND UP!!発起人/Cue!代表/またテレビ局記者の顔も持つ。

1983年東京出身。テレビ局に入社して3年目の2008年5月に乳がんが見つかり、8カ月の闘病生活の後に社会復帰。テレビ局記者の仕事を続けながら、がん患者とその家族のための場づくりを続けている。実際にmaggie’s tokyoはクラウドファンディングで大きな話題を集め、見事たくさんの協力を受けることに成功し、15年NPO法人化させた。現在も様々なチャレンジを抱えた人たちが活躍できるプラットフォームづくりに力を入れている。

マギーズ東京(
http://maggiestokyo.org/

 

開催概要

【事業名称】5月例会 パラレルキャリアが未来を切り拓く

~2枚の名刺が生み出す新たな価値~

 

【日時】2016年5月18日(水)  開場:18時00分・開会:18時30分・閉会:20時30分

【場所】伊藤謝恩ホール(東京大学本郷キャンパス内、赤門手前・本郷三丁目駅から徒歩5分)

スケジュール

<第1部>

委員会報告・オープニング映像

<第2部>

米倉誠一郎教授による基調講演

<第3部>

パネル・ディスカッション

コーディネータ:石山恒貴教授

パネリスト:西村剛敏氏、鈴木美穂氏、樋下稔生氏

 

JCメンバー以外の方は事前登録をお願いします(登録無しでも当日参加OKです)。

 

登録QRコードgr02

お問い合わせ先

公益社団法人 東京青年会議所 事務局

住所:〒102-0093 東京都千代田区平河町2-14-3 青年会議所会館2階

電話:03-5276-6161 FAX:03-5276-6160

お問い合わせフォーム:https://tokyo-jc.or.jp/contact