公益社団法人 東京青年会議所(東京JC)

公益社団法人 東京青年会議所

公益社団法人 東京青年会議所6月例会報告

6月例会報告

Updated date 2016/09/01

2016年度6月例会

『ミスキャンパスと考える18歳からの選挙!~私たちの投票権は大河の一滴にすぎないが、投票しなければ一滴にもならない。』

 
 平成28年6月18日(土)、駒澤大学において、6月例会を開催しました。

 
 

_MG_1910
 

本例会は、本年度より18歳以上の若者に選挙権が認められたことを踏まえ、10代や20代の若者の政治参画意識の向上を目的として開催しました。

開会に先立ち、平成24年度漫才新人大賞を受賞したカントリーズ(マセキ芸能社所属)のお二人による漫才によって会場が笑いに包まれ、開会前の時点で会場のボルテージは急上昇しました。

 
 

第一部では、ナイツ(マセキ芸能社所属)のお二人による漫才でスタートし、熱気を得ていた会場が更なる笑いによって大いに盛り上がりました。

その後、ナイツの土屋伸之氏とフリーアナウンサーの黒塚まや氏による司会の下、ナイツの塙宣之氏とミスキャンオールスターズ3名(学習院大学2014年度準ミスグランプリの本松美麗さん、東京理科大学グランプリの都志見佳苗さん、お茶の水女子大学準ミスグランプリの水谷真依子さん)を解答者として、選挙に関するクイズ大会を行いました。

ナイツのお二人とミスキャンオールスターズの皆さんとの掛け合いで、大きな笑いを交えながらクイズが進められ、来場した若者の皆さんもクイズ大会に釘づけでした。

選挙に関する豆知識について楽しく学ぶことができ、ミスキャンオールスターズの皆さんも、選挙について一層興味を持つことができたようです。

 
 

IMG_2303

第二部では、7月の参議院議員選挙を見据えて、主要政党の代表者による公開討論会を行いました。

パネリストとしては、民進党を代表して衆議院議員の柿沢未途氏、日本共産党を代表して衆議院議員の宮本徹氏、公明党を代表して参議院議員の佐々木さやか氏、自由民主党を代表して衆議院議員の牧原秀樹氏をお招きし、コーディネーター役は、第一部でも司会を務められた黒塚まや氏と、本例会を主管する政治行政特別委員会委員長である鍋島達哉君の二人が務める形で進行しました。

 
 

討論の内容については、予め若者の皆さんから意見を募るなどして質問のテーマを確定し、①被選挙権年齢の引下げの是非、②奨学金問題、③憲法9情を中心とする憲法改正の是非、④年金制度問題といった4つのテーマに沿って、パネリストによる議論が交わされました。

また、WEB投票システムを利用して、来場した皆さんにも各テーマ毎に意見を投票する形で進行し、来場者参加型の公開討論会として実施しました。