公益社団法人 東京青年会議所(東京JC)

公益社団法人 東京青年会議所

公益社団法人 東京青年会議所東京JC
ブランディング室

東京JC
ブランディング室

Updated date 2016/12/27

東京JCブランディング室  室長 諸田 徳太郎

Ⅰ.基本方針

 東京青年会議所は設立以来、明るい豊かな社会の実現の為、地域社会に目を向けた素晴らしい事業を多数実施してきました。しかしながら近年、会員数減少の影響もあり、多くの事業は構築、開催に注力し、運動発信が不足してきた実情があります。この事は、昨年度実施した第5回都民意識調査の結果にも現れ、東京青年会議所を認知している都民は30%に留まっています。我々の運動が社会に対してインパクトを与えるためには、我々の存在、運動が市民に認知されていく必要があります。そのために、本年度、東京JCブランディング室に於いては、各地区委員会広報担当者を中心に東京JC全ての事業を適切なタイミングで広く社会に発信して参ります。さらに、東京JCの強み、魅力を高めつつ運動を発信していく事で社会に対し「東京JCブランド」を確立して参ります。東京JCには多くの強み、魅力がありますが、その最たるものは「人」であると考えます。個性あふれる多くの優秀なメンバーが在籍する東京JCですが、メンバー一人ひとりの感性を更に高め、個人の魅力を高めつつ、メンバー同士の繋がりをより強固に一体感を醸成する事で、「個⇒組織」となり東京JCの魅力はより高まって参ると考えます。東京JCの強み、魅力を高め、内外に認知させていく事で、東京JCに対するメンバーの「誇り」、市民の「憧れ」を醸成し「東京JCブランド」の確立を目指します。