公益社団法人 東京青年会議所(東京JC)

公益社団法人 東京青年会議所

渉外連携室

渉外連携室

Updated date 2018/01/01



渉外連携室    室長  大谷 拓史

Ⅰ.基本方針

  2018年度私は国際国内の渉外の理事として担当させて頂きます。私の考える方針はJCにおいての機会の提供を率先して行える環境作りを構築していきたいと考えています。この近年東京JCからJCI、日本JCの事業参加者が減り、また参加しても事業には出席せず旅行のみのメンバーも多くいるように感じます。これでは折角参加を頂いても何も持ち帰ることができず機会の提供ができません。一人でも参加できるプランを提供し機会の提供をさせて頂きます。またJCIや日本JCから情報を集め有益な情報を伝え事業構築に役立てていただけるように情報開示を行っていきます。2018年はASPACも鹿児島で開催されますしJCIを近くで感じる事も可能です。JCの無限の可能性を肌で感じて頂けるように一年間運動させて頂きます。

 

国内渉外連携委員会   委員長  青木 一平

 2018年度国内渉外連携委員会は石川理事長の掲げる「1の使命感」のスローガンを東京青年会議所の渉外担当として実践していきたいと思います。その為には我々自身がその意識をもって身だしなみや振る舞い及び言動や謙虚さ・他を慮ることのできる人となり、東京青年会議所の渉外担当として立っている委員会という自覚をもち、自ら率先して情熱をもって行動してまいります。

 京都会議・サマーコンファレンス・全国大会や各種大会へのメンバーに情報を発信し興味を持ってもらい、参加を通じて機会を提供して活用してもらい、その成長を支えることをしていきたいと思います。

 「1の使命感」を持った魅力溢れる東京青年会議所に人は集まり多くの優秀な人財が集まります。そして2020年オリンピック・パラリンピック開催で各地会員会議所から注目されている東京青年会議所の国内渉外窓口として重要な役割があります。国内渉外連携委員会として、日本をはじめ世界に誇れる「東京」を魅せていき、そして創りだせるように自己成長すると共にメンバー全体の応援ができる為、「1の使命感」をもって情熱を持って活動していきたいです。

 最後に「1の使命感」を持った東京青年会議所の渉外担当として国内渉外連携委員会は明るく楽しく元気よく、「破天荒」に運動を発展させる人材を育成していきます。

 

国際渉外連携委員会   委員長  佐野 顕弘

 私が国際渉外連携委員会の委員長になろうと思ったのは、国際系委員会のメンバー及びスタッフとして海外の諸会議に参加した際、世界中にいるJCIの仲間たちとの交流に、今まで感じたことのなかった世界との一体感を感じたからです。またそのことによって得ることのできた新しい気付きや学びを、私が委員長として率先して委員会メンバーに示すことによって、彼女彼らに同様の体験を提供できるのではと感じたからです。

高度化されたグローバリゼーションと情報化がどんどん進むことによって、もともとあった多様な考え方や、利害が一致することのないもの同士が近づきすぎて隣り合わせになってしまい、一つの正義が他の正義と摩擦を起こしてしまう事態が起きてしまっています。そこに解決策はないような気もします。

ですが、世界で今何が起こっているか、知ることはできると思います。

世界に考え方の違いがあれば、その考え方の違いに触れることが相互理解の近道ですし、世界の極貧の国でどう言った生活が営まれているか認識することが彼らに手を差し伸べる第一歩になると思います。国際の渉外を司るこの委員会では、内向きではなく、世界と向き合った委員会として、世界と私たちの関わりを感じることのできる委員会にしていきたいと思います。