公益社団法人 東京青年会議所(東京JC)

2月6日(火) 三軒茶屋キャロットタワーにて第2回の世田谷区委員会を開催しました。

新年会も終わり今年度体制での委員会活動が本格始動し始める中、メンバー25名、オブザーバー5名、計30名の方々に参加頂きました。

今回は、障害者雇用促進フォーラム・第42回わんぱく相撲世田谷区大会の審議、第56回親との子の集いの協議、復興をテーマとした地区事業”復興に繋げる地域の輪”の討議と盛り沢山の内容となりました。

 

坂口委員長より、今年の2本柱の一つとして掲げているメンバー拡大について、メンバーの拡大は事業活動をより大きく、より質の高いものにする非常に重要な活動である旨や目標である25名増を達成する為には全員の協力が必要であること。

地区事業を盛り上げ成功させる為には、わんぱく相撲や区民祭り、その他名称使用事業等にて行政、関係団体、住民に対して情報発信し協力を仰げるかが重要である。そのためにも、世田谷区委員会として各小委員会が結束していかなくてはならないこと。

各事業を準備するにあたり協賛の考え方について、事業や企画の趣旨に賛同頂き、ご協力いただくものであること。等の話がありました。

 

地区事業の討議ではメンバー内で情報共有をするために防災や復興の基礎知識や我々が復興に取組む意義、今年のゴール設定等の説明や提案が大場副委員長からありました。来月は今月の提案を基に各メンバーが考えた案を持ち寄り討議します。

 

委員会後開かれた懇親会では、諸田副理事長・外口理事、恩田目黒区委員会副委員長にご参加いただきメンバーやオブザーバーとの懇親を深めました。懇親会では先月お誕生日の外口理事、今月お誕生日の荒井君のお誕生日祝いも行いました。

 

東京青年会議所世田谷区委員会では、「明るい豊かな社会」を一緒に創ってくれる仲間を募集しております。

Facebookページ https://www.facebook.com/JC.kosodate/