公益社団法人 東京青年会議所(東京JC)

先日、今年創部40周年を迎えた公益社団法人北沢法人会 青年部会の記念式典に臼井理事、坂口委員長をはじめ多くのメンバーで参加してまいりました。

 

第13代青年部部会長の菅原部会長、北沢法人会の飯野会長のお話の中で、北沢法人会が創部されてからの歴史や部会員の思い等をうかがわせていただきました。

特に、世田谷区主催の「さくらまつり」とコラボしたスタンプラリーをしながら、世田谷の福祉の拠点である梅丘駅周辺の福祉施設を回り、見て、触って、試して理解を深めていただくイベント 「ふくふくスタンプラリー」の事や、神社内の出店等の運営している「北澤八幡神社秋祭り」の開始当初の実話等、興味深々に拝聴させて頂きました。

いつも、わんぱく相撲大会をはじめ様々な場面でご協力を頂いておりますが、今後ともどうぞよろしくお願い致します。

公益社団法人北沢法人会

昭和42年(1967年)に北沢税務署が世田谷税務署から分離独立したことを機に、その年の10月に641社の会員をもって創立、8年後の昭和50年(1975年)4月25日に東京国税局長より「社団法人」として発足されました。

 平成24年4月1日には「公益法人制度改革三法」のもと認定法により、公益性の高い団体として公益社団として認定され、法人会憲章「めざします 企業の繁栄と社会への貢献」に則り、会員各位の企業が健全に発展することがすなわち社会貢献の第一義という基本理念を根本に据えて更に活発に活動を続けておられます。

 http://www.kitazawahoujinkai.or.jp/

 

東京青年会議所世田谷区委員会では、「明るい豊かな社会」を一緒に創ってくれる仲間を募集しております。

Facebookページ https://www.facebook.com/JC.kosodate