公益社団法人 東京青年会議所(東京JC)

品川区委員会 委員長 石田慎吾

基本方針

2018年度の品川区委員会は「つなぐ」をスローガンに掲げ、課題解決に向けた運動の展開をしていきたいと考えています。品川区委員会ではこれまでわんぱく相撲を事業として行ってきましたが、次なる団体に移管をして繋げていきます。そして一度立ち止まって、社会が大きく変化をしている中、地域で何が求められているのか、また東京青年会議所に何を期待してもらっているのかしっかりと考え、我々だからこそ出来る、我々がやらなければならない事業の構築に取り組んでいきます。これまでグローバル社会やオリンピック・パラリンピックに向けて英語スピーチコンテストに取り組んできました。2017年度には今までとは違うスタイルで、チーム戦を取り入れ、英語が得意ではない子にも参加してもらえるようにしました。また地域や行政の更なる巻き込みを図るため、品川区内にある大使館や領事館とのコラボレーションにも取り組みました。2018年度には継続事業として大使館・領事館とのコラボレーションとして区内の中学生を対象にアンバサダーの育成に取り組んでいきたいと思います。拡大においてはメンバーを増やすために、これまでの東京JCでの経験や魅力を様々な場で、様々なツールを使って発信していきます。また一人一人のメンバーの成長にも目を向け、組織力を向上させて次世代へと繋げていきます。