公益社団法人 東京青年会議所(東京JC)

SDGs〜スイス国連本部(UN),WHO,ILO

 

日本青年会議所の筆頭会議体のプロジェクト、少年少女国連大使の現地調査で、スイスのジュネーブに行ってきました。
ジュネーブの町並み写真

ジュネーブにはUN国連本部に加え、WHO、ILOと国際機関の本部が集結しています。
そこに日本の小学校高学年・中学生を連れて行き、SDGsについて学んでもらい、世界の課題と向き合い、解決策を見出していく事業です。

子どもたちを安全に引率するための現地調査でしたが、世界の最前線を走っている国際機関の中に入り、職員の方々との打ち合わせは非常に自分にとっても実りあるものでした。

国際機関は必ずSDGsを取り入れている。そもそも、国際機関そのものがSDGsの要素そのものといってもいいのだと感じました。

 

UNは子どもたちでもSDGsの理解が深められるようなゲームが4つありました。
UNで撮った写真子供向けのSDGsの理解が深められるゲーム① 子供向けのSDGsの理解が深められるゲーム②

 

ILO(国際労働機関)はゴール8
SDGsのゴール8

その中でも来月話してもらうのは児童就労の問題。まだまだ減らないこの問題について、ILOは子ども向けにどう話をするのか!?
とても楽しみです。
ILOでの打ち合わせ写真

 

WHO(世界保健機関)はゴール3
SDGsのゴール3

 

今の緊急課題は4週間前に再発見されたエボラの感染を広げないためにどう食い止めるか!?
そういった緊急課題と、一般的な健康に対する課題、取り組みをお話しいただきます。
WHO前の写真 WHO館内旗いっぱいの写真

余談ですが、WHOのカフェテリアは非常に素晴らしいメニューばかりで、健康的な食を好む女性にとって、とても魅力的でした。
WHOのカフェテリア① WHOのカフェテリア②

 

世界を変えるために奔走している人たちがそこにいました。
私たちも頑張らねば。

明日からはもう1カ国のマニラの現地調査に行ってきます。

 

東京青年会議所に興味をもった方はHPのお問い合わせもしくはFacebookページから気軽にメッセージください。