公益社団法人 東京青年会議所(東京JC)

10月10日(水)阿佐ヶ谷地域区民センターにて第9回杉並区委員会を開催いたしました。
当年度の運営も山場を越え落ち着きつつある杉並区委員会ですが、次年度に向けそろりそろりとバトンタッチのアップが始まる頃でもあります。
そんな杉並区委員会に東京青年会議所理事長、日本青年会議所会頭を務めた相澤弥一郎先輩が10年ぶりにお越しいただきました。
大先輩から今の現役青年会議所メンバーに求める事、さらにはこれからの杉並区委員会の事、その言葉どれをとっても気づきのヒントがあり現役メンバーにとって大変刺激になった時間でした。相澤先輩が入会した当時から我が杉並区委員会は東京青年会議所の中でも比較的人数が少ない状況の中で理事長のみならず会頭まで輩出し杉並区委員会はパワースポット的な存在である事を忘れないでほしいと激励いただきました。
また、東京青年会議所次年度理事長当選人である塩澤君も参加し、緊張感のある(入会当時を思い出す)委員会となりました。