公益社団法人 東京青年会議所(東京JC)

2018年2月20日(火) JC会館にて公社)東京青年会議所第2回臨時理事会が開催されました。台東区委員会からは岡田委員長、須田会計幹事、野田小幹事が出席いたしました。

この臨時理事会は翌週に迫った総会の最終確認のために行われ、理事長挨拶では先日行われた金沢会議で話し合われたSDGs(持続可能な開発目標)に関するお話を頂きました。特にSDGsとボランティアの関係性については興味深く、例えば被災地に物資が足りないとして、一時的に物資を支援することはよいが、その物資をその場所で生産することで雇用が生まれ、地域活性化する。ただ、同時に永続的に物資支援を行うことが地域の活性化を妨げてしまう。とすると、我々が考えなければならないのはその生産を手助けすることが本来の姿ではないか。支援の仕方を考えるとロジックの違いに気づくことをお話しいただきました。まさに価値のある支援について考えさせられる時間となりました。

臨時理事会終了後には関根総務委員長、谷澤港区委員長の設えで、同期委員長たちの懇親の場が設けられ初めてゆっくりと委員長たちで語らい素敵な時間を過ごしました。両委員長ありがとうございました。