公益社団法人 東京青年会議所(東京JC)

昨日19日に、晴海トリトンスクエア内にある第一生命ホールにて行われた2月例会に参加してきました!

豊島区委員会からは、上野委員長、副委員長の柴田君、書記幹事の白田君、国際渉外連携委員会委員長として佐野委員長、運動発信特別委員会の副委員長として高橋君、総括幹事の私(小松)、3名のオブザーバーの9名で参加しております。

 

今回の例会は「夢ある未来を創るTokyo Vision 2020」と銘打たれ、主に2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックに焦点を当てた設となっておりました。

 

第3部にて、小池百合子知事と市川海老蔵さん、石川理事長のパネルディスカッションがあり、ゲストが豪華であったことから、会場は満員状態でした。

 

私的に響いた点は2点あり、1つ目はレガシーをどう残すか、2つ目は我々JCとしてどのように東京オリンピックに関わって行くか、というところでした。

 

前回の東京オリンピックでは、大きなレガシーとして、首都高速と新幹線が残りました。

これは現在でも東京の大動脈として機能しており、非常に大きなレガシーだと言えるでしょう。

例会の中では明確な答えはありませんでしたが、是非今後も大きく活きるレガシーを残して欲しいと思います。

 

また、2点目についてですが、オリンピックに関わるボランティアを11万人募集するようです。

JCとしては、ただボランティアに参加するだけでは面白くない。

石川理事長も小池知事との対談中に、冗談ぽくではありますが、東京JCを正式に何かの委員に組み込んで欲しいとお願いしておりました。

これは非常に良い考えだと思います!

JCだからこそできるポジションを作って欲しい、そこでしっかり貢献したいと思います!

 

第3部のパネルディスカッション

 

豊島区メンバーの横から高橋君がパチリ

 

懇親会は池袋に戻り江藤先輩の残心にて

 

-お知らせ-

豊島区委員会では一緒に活動してくれる仲間を募集しております!

豊島区区委員会にご興味のある方はこちら⇒フェイスブックページが開きます