東京青年会議所

70周年

 

 

 

 

こんにちは!

 

江東区委員会の金子です。

 

 

この度ASPACというものに参加しました!!

 

 

 

 

韓国の済州島というところまで行ってきました。

 

 

済州島はもうほんとに島!という感じの場所です。

 

すいません説明が雑すぎますね。

 

 

そもそもASPACというのは何かというと、

 

 

「毎年、4エリアでそれぞれのエリア会議が開かれます。

 

 

アフリカ・中東、 アジア・太平洋、アメリカ、ヨーロッパです。

 

 

その中で、アジア・太平洋エリア会議は

 

ASPAC(Asia Pacific Area Conference)

 

の略称で呼ばれています。

 

 

JCIの目的を推進、JC運動に関するセミナー、グループ討論の開催、 JCの目標のプログラムによる参加者教育、将来のJCIプログラムの企画開発及び、中間年度常任理事会に提出、JCI個人会員相互の意見交換の機会設置、次回開催地の決定、等が目的です。」

 

 

そして、2019年のASPAC開催地が

 

韓国 済州島(チェジュ島)です。

 

 

ということみたいです。

 

 

簡単に言うと、他の国のJCの活動を知ろう!

 

ということです。

 

 

日本の中、東京の中、各地区の中だけでは考え方やアイデア、活動への捉え方など凝り固まってしまうこともあります。

 

 

なので、せっかく世界中にJCがあるのだから意見交換をしましょう。といったとこです。多分

 

 

 

会場ではこんなセレモニーが行われたり、

 

 

表彰があったり、

 

 

いろんな国の人と触れ合ったり、

 

 

東京JCのメンバーと改めて集まったり、

 

 

多くの催しがありました!

 

 

設営の裏側ではバタバタすることもありました。

 

 

しかし、その反省を活かしてこれからの活動の糧にしていけたらと思います。

 

 

 

最後に済州にいた可愛い鳥さんの写真で終わろうかと思います。

 

なんて鳥かわかる人は教えてください。