東京青年会議所

70周年

目黒区委員会 児童虐待撲滅事業

8月10日 パパママバースデーワークショップ「見守る子育て」

2018年3月に目黒区内でおきてしまった児童虐待事件を背景に、東京青年会議所目黒区委員会のメンバーは児童虐待発生予防をするにはどうすれば?と考え、2019年の新規事業のテーマとして活動をしております。

その活動の中で色々な専門家のご意見を参考にさせて頂きました。
中でも「もしかしたら子育てしている親全員が何かしらのきっかけで虐待をしてしまう可能性がある」「自己肯定感がないとつい怒りやすくなってしまう」などの意見を元に、8月24日(土)に中目黒GTタワー広場にて、パパママバースデイ〜親になってくれたあなたへ〜という、子育てをしているパパママへ感謝を送るイベントを開催する流れになりました。

そのイベントの前となりますが、今回の8月10日(土)のワークショップは下記のような趣旨で行わせて頂きます。

是非こんな方にお越し頂き、子育てをする上での一つのヒントにして頂ければ幸いです。

「見守る子育て」
◆子育てに不安を感じている
◆自分の子育てに自信が持てない
◆子育てが思い通りにいかないのは自分のせいだと思っている
◆楽しく子育てをする方法を聞いてみたい
◆自己肯定感という言葉が気になる

など、子育てに関心のある方ならどなたでも参加できます。

*大変申し訳ありませんが託児のご用意はありませんのでお子さん連れの方はご自身のお子さんの安全の確保は親御さんにてお願い致します。


お申し込み方法
https://forms.gle/kx7GL1QWTa6V2VBw7
*こちらのイベントの参加ポチだけでは申し込み完了となりませんので必ずフォームのお申し込みをお願いいたします。

日時 8月10日(土)14時〜16時
場所 中目黒住区センター
参加費 無料


下記講師からのコメントです。

大人が子供にできることってなんでしょう?
それは、成長を見守ることではないでしょうか?

産まれてきてくれてありがとう。が出発点ではあるけれど、いつの間にか「育児書通りに我が子が育ってない」ことに焦りや苛立ちを覚えていませんか?

本来子育てはお母さん(お父さん)だけでするものではないのです。

社会全体で子育てをするように子供は産まれてきています。

だからお母さん(お父さん)の子育てにおいて正解、不正解ということはないのです。

当日は、子育てについて対話やワークをしながら自己肯定感について考えてみる時間にしたいと思います。

/////

講師プロフィール
村上好(むらかみよし)

肩書きは「おもろいオカン」。オカンの駆け込み寺主宰。口コミにて日々、子育ての全般の悩み相談を受け、その親子にとっての最適サービスのマッチングを行なっている。
大手鉄道会社勤務中に旅行代理業務、主婦向けサービス商材に携わり退社後は国際会議運営会社に勤務し、そこで多くの価値観を知ることとなる。我が子の成長に、そして学校教育に課題感を感じ、PTAに7年間関わることとなりPTA改革では「おはよう日本」「AERA」などに取り上げられる。PTAでは主に学校と社会をつなげる出前授業などを担当。2015年「まなびのば」を立ち上げ、子どもと社会との繋がりを感じてもらいたいと商店街とタイアップしイベントを手がける。子どもは3人。20歳、15歳、14歳。自身の子育ての中で、「不登校」「引きこもり」「ホームスクール」「中学受験」を経験。現在その経験を聞きたいと講演やワークショップなどに登壇している。ブログ「おもろいオカンで行こう」は時々更新。
オカンの駆け込み寺主宰
「まなびのば」代表
日本SEL推進協会 理事
NPO法人JAMネットワークことばキャンプ認定講師

/////

主催
公益社団法人東京青年会議所 目黒区委員会