東京青年会議所

70周年

2030カードゲームを体験したことがある方は少しずつ増えてきているかと思いますが、『X(クロス)』というゲームをご存知ですか?

このカードゲームは、金沢工業大学とリバースプロジェクトが共同開発したSDGsカードゲームで2月の金沢会議でも体験会があり、この度第1回のファシリテータ講座が東京で開催され、初代認定ファシリを取得してきました!

小川委員長、八木委員、宮坂総括で参加しました。11月に参加申し込みをし、まちにまった講習でした。

従来あるカードゲームをSDGsの概念、全体像を知る感じのゲームですが、クロスはもっと具体的アクションプランを考えるゲームツールです。

1000個に1個くらいの割合で、知と知を掛け合わせることで、イノベーションが生まれるといわれております。

企業・個人・団体でもそれぞれが持っているツールなどに落とし込み、どうやって解決していくのかいろいろな角度で考えることが出来るゲームです。

いろいろな知を掛け合わせて、SDGsのゴール解決につながるアイデアを感じてみませんか?

やってみたい!興味がある!という方は、まずは気軽にSDGs政策委員会までご連絡ください。