【SDGs政策委員会】ノーベル化学賞の胸元に!

先日発表になったノーベル化学賞。日本人サラリーマン研究者の吉野氏が受賞したニュースが飛び込んできて、日本中が歓喜にわきました。

私も家に帰ってニュースを見てすごいな!と思いつつ、一番最初に目に入ったのが「吉野氏の胸元に光る17色のバッチ」。

なんだかすごくうれしくなりました。

吉野氏がリチウム電池を開発した頃は、泣かず飛ばすでしたが、時代が変わり、形態やノートパソコンが主流になり、飛躍的に使用されるようになったそうです。

また、最近では電気自動車にも採用され、環境の面でも非常に活用されるようになったとのころ。

吉野氏から若い研究者へのメッセージとして「今は時代が変わろうとしているとき。地球環境に悲観することなく、自分たちの力で地球をよい方向へ転換できるので頑張ってほしい(こんなニュアンスの発言でした)」とのこと。

この受賞がきっかけにSDGsが周知されるとともに、環境への取組みが加速されることを願うばかりです。

SDGs政策委員会トップページへ