【SDGs政策委員会】日野市×東京JC SDGs政策委員会 in まちづくり市民フェア

10月20日(日)に日野市市民の森ふれあいホールで開催された「まちづくり市民フェア」に参加してきました。今回参加するきっかけとなったのは8月に東京青年会議所が実施した、日野市役所のSDGs担当の方を招聘した「日野市から見る東京のSDGs」で、今回日野市SDGs担当の方にお話しをいただいた形です。

今年東京都で初めてSDGs未来都市に選定

今回の実施内容は「まちづくり市民フェア」自体のテーマを「SDGs」にしています。題して『SDGsダーツ』の旅。

毎年開催しているイベントが『SDGs』に

『SDGsダーツの旅』スタート!

屋内外のイベンスペースに行く前にここ↑に立ち寄っていただき、ダーツを実施。簡単にSDGsとは?について紹介し、自分が狙うべき的めがけて投げていただきます。実際に当たった的のゴールを掲げたブースを訪れ体験していただき、感想や今後の取組みなどをゴールで提出いただくと、最後くじ引きに挑戦できる流れ!

受付にはたくさんの行列が!

各ブースには該当するゴールを掲示!

上記写真とおり、各ブースには事前に確認いただいた該当ゴールを掲示。手前中央大学のベースは防災をテーマにしていたので「3、11、16、17」のゴールを掲載。

この工夫、気づきました?

飲食提供ブースでは、リユースできるお皿などを積極的に活用!上記写真のお皿何か気が付きましたか?広告で折られた紙の箱がお皿替わりです。広告のお皿の上にサランラップを引いての提供。使い捨てのお皿などを使うより断然環境にいい取り組みです。次回の何かに使えるヒントだなって思いました!

日野市職員の方と小川委員長

今回の事業は気づきが多く、次の何かに繋げられそうなヒントがたくさんありました。日野市の皆様、引継ぎに東京都をいい方向に進められるよう、今後ともよろしくお願いいたします!

SDGs政策委員会トップページへ