東京青年会議所 70周年

新宿区委員会 運動発信の責任者を1年間終えて

新宿区委員会の運動発信副委員長を努めさせていただきました、山﨑です。

次年度からありがたくも依頼があったこともあり、今年の運動発信を振り返りたいと思います。

今年の新宿区委員会のテーマは

「世界を変えるのは俺たちだ」

でした。

この写真は今年東京の運動発信チームでも大活躍で、

新宿の運動発信チームもすごく盛り上げてくれた堀内君が作成してくれました。

この写真もそうですが、私の持論ですが、

運動発信というのは風のような役割だと思っています。

委員長や、担当副委員長が何もないところに頑張って起こした火を

どれだけ大きいものにできるか?

それが運動発信かと。

だから非常に影のような存在で、人の写真ばかり撮っていて

振り返ると運動発信メンバーの写真はこれしかありませんでした 笑

 

 

新宿の運動発信の小委員会です。

ここに写っていないメンバーもあと数名います!

 

今年、私たちが目指したことは主に3つです。

1.青年経済人としてSNSリテラシーをあげる

2.「世界を変えるのは俺たちだ」という意識をメンバーに持ってもらう

3.東京の23区でアクセス数1位をとる

 

「発信ってわからない!!!」

とか

「発信ってなんだか怖い」

そんなメンバーが多いと思うのですが

実は発信ってすごく面白くて、すごく可能性があるのです。

その面白さと可能性を少しでも新宿メンバーに感じてもらいたくて

委員会でプレゼンさせていただいたり

みんなでシェア大会をやらせてもらったりしました。

結果、

「わんぱく相撲は 6255人にリーチ!」

事業は5618人にリーチ!

シェアを30人ほどしただけで、それが可能なのです。

新宿のみんながSNSを少し楽しんでくれたかな?

リテラシーが少しでもあげてくれたかな?

と思います。

 

結果、5月から今まで、新宿は東京青年会議所でアクセス数1位になりました。

当初、投稿数をあげることを求められていましたが、投稿数をあげてアクセス数1位をとっても

結局東京青年会議所のアクセスを23地区で取り合っているだけになってしまいます。

新宿の運動発信チームで目指したのは外からアクセスを取ることにこだわりました。

 

とはいえ、

本当はバズることまでやりたかったのですが、それは叶わず終わったのが今年一年だったなと思っております。

それは次年度のより有能な新宿の運動発信チームに勝手に託します 笑

 

青年会議所は「青年経済人の集まり」だと聞いているし、そう思っています。

青年経済人であるならば、

最新の世の中の流れを捉え、

ビジネス手法を学び、

社業に生かし、

そして青年会議所も牽引する。

 

そんな自覚を一人一人が持って、一人のリーダーとして、世界を変えていく青年が増えていってくれたらと思います。

かくゆう私も運動発信は社業の拡大のためにこれまで培った分野なだけであり、ある程度知識もあった分野でした。

でも組織運営、マネージメント、自分の知らない分野については、日々青年会議所で様々な諸先輩方、仲間たちから激励と刺激をもらって絶賛勉強中です 笑

2018年1年間、新宿の副委員長を務めさせてもらい、本当に任命してくれた栗原委員長には心から感謝です。

 

次年度(2019年)体制がいよいよこれから始まります。

どんなポジションでも100%、いや120%頑張ってやりきれば世界は1mmでも変わる!

来年もみなさん一緒に邁進していきましょう!!!

世界を変えるのは俺たちだ!

 

東京青年会議所の活動に興味のある方はHPのお問い合わせもしくはFacebookページからメッセージをお送りください。