東京青年会議所

70周年

【<100年後の日本の風景をデザインする> 新宿から未来を変える。SDGs夢リレー Vol.1】

 
 
 
新宿委員会メンバーのSDGsへの取り組みを発信していくこの企画。
記念すべき一人目は、瀧澤亮さんです。
 
 
 
以前、フィリピンのマニラへいく機会を得ました。
そこはスモーキーマウンテン、いわゆるごみ山といわれるところでした。
とてつもない異臭が漂う中一人の少女に出会います。
「夢は何?」そう聞くと、「お医者さんになること!」と目をキラキラさせて答えてくれました。
その姿をみてハッとしました。
 
環境が違えど、この現状の中で楽しく懸命に生きる女の子の未来を考えたとき、
このままではこの子は、売春や児童労働を強いられてしまうかもしれない。
何か出来ることがあるのではないか?
 
それを期に帰国後SDGSカードゲームのファシリテーターを取得しました。
今はいじめ差別の明るい社会をつくるため、よりよい人間関係を構築する選択理論心理学を普及させています。
 
また誰もが平等に金融という手段にアクセス出来る社会を創造するため、お金のセミナーを開催。
個人では石垣島で【森の再生プロジェクト】をするため、
ishigaki innovation laboを結成し、サンゴ礁の保全と森林の再生へ取り組んでいます。
 

<100年後の日本の風景をデザインする>

 

そう決めて青年会議所のみならず、個人的にもサステナビリティーを行動の判断基準として生きています。
2018年日本青年会議所に出向。
今年はSDGS政策委員会の副委員長としてSDGsの推進を計っています。
 
 

東京青年会議所の活動に興味のある方はHPのお問い合わせもしくはFacebookページからメッセージをお送りください。

【直近の過去記事】 ぜひ、こちらも合わせてご覧ください。