■各国紹介■ セルビア共和国 Republic of Serbia ①

万国フェス2019に出展協力いただけるセルビア共和国大使館を、江戸川区委員会 倉田徹君らが訪問しました。

「北マケドニア共和国」と同じバチカン半島にあるセルビア共和国。

かつてユーゴスラビアに属した国は、ユーゴスラビア解体によって、1992年に「ユーゴスラビア連邦共和国」に、2003年にはセルビア・モンテネグロに国名変更、そして、2006年にモンテネグロの独立を受けて「セルビア共和国」となりました。

 2009年にはEUへの加盟申請をし、現在、候補国となっていますが、まだEU加盟国とはなっていません。

 人口700万人強のセルビアには、日本から、日本たばこインターナショナル、パナソニック電工、矢崎総業などが進出しています。

 そんなセルビア共和国大使館では、自らセルビア料理教室の講師になったり、大使秘書の長門ティヤナさんが相談に乗ってくれました。

セルビア大使館では、すでにオリンピックに向けた準備がはじまっており、本国のオリンピック委員会からもさまざまな問い合わせがあるとのことでした。

 セルビアの文化の中でもぜひ見てもらいたいのは、コロと呼ばれる伝統的な踊り。鮮やかな民族衣装に身を包んだ踊り手が、みんなで手をつないで回る様子はとても華やかです。

4月28日は、セルビア共和国など東方正教の国のイースター(復活祭)であるため「働く」ことはできませんが、日本セルビア協会の方などの協力で、セルビア文化に触れることができます。