2050カーボンニュートラル宣言

背景

2050年までに温室効果ガスの排出量を実質ゼロとするカーボンニュートラル、そして脱炭素社会実現は国や大企業だけに限った目標ではなく、中小企業にとっても、今後予測されている様々な国難において、どのような状況においても経済活動を止めることなく、今後、企業価値を高めていくためにも積極的に取り組んでいかなければなりません。

さらに、市民の行動を起こすためには、身近にある企業や団体が積極的に取り組み推進していくことが必要になってまいります。

そして、経済と環境の好循環を目指していくうえで、東京をはじめとした都市において、新型コロナウイルスの影響は突発的事象で甚大な被害が出ておりますが、気候変動がもたらす厄災はパンデミックよりもゆっくりと進行し、その影響がより甚大でかつ長期に及ぶため、環境に配慮した持続的な経済成長を続けていくことが重要です。

JCI東京としても、自らが脱炭素社会実現に向けて行動することを対外に示し、中小企業そして市民の皆様とともに、当該課題解決に対して前向きな姿勢を示し、意識改革・行動促進をするための一助となるべく推進してまいります。

概要

社会における環境問題の解決と持続的な経済成長の両立を実現するため、2050年までに温室効果ガスの排出量を実質ゼロとするカーボンニュートラル、そして脱炭素社会実現に向けて取り組むことを宣言いただきます。

宣言

賛同/宣言企業・団体

公益社団法人東京青年会議所
JCI東京の2050カーボンニュートラル宣言

宣言希望の企業・団体の方/問い合わせ先

公益社団法人東京青年会議所
共生政策室
2050カーボンニュートラル宣言担当者 宛
jcitokyo.kyosei@gmail.com