1961年|主要事業

  1. TOP
  2. >
  3. JCI東京について
  4. >
  5. 沿革
  6. >
  7. 1961年|主要事業

第12代理事長 芦沢 新二(故)
正会員数:341名

特別会員数:61名

主要事業

開催期間事業内容|主管|事業名称
01月18日第25回定時総会
01月18日例会 内海倫氏
01月18日第20回定時総会(日本JC)
01月24日JCI会頭ピーター・フランケル氏来日、日赤より金色有功章授与さる
02月03日信越地区地震災害に対し長岡JCへ医薬品ならびに見舞金送付
02月12日箱根「恵明学園」慰問
02月17日例会 石田博英氏「今後の労働問題について」
02月20日経済研究会 経済企画庁計画局長大来佐武郎氏「所得倍増計画について」
03月07日例会 小坂善太郎氏
03月08日月島「水上学園」慰問
03月09日給与体系の研究会 講師坂本藤良氏
03月23日「アンケートの基本について」石川淳二氏
03月26日久留島子供まつり
03月26日図書寄贈運動開始
04月05日例会 曽野綾子氏
04月05日「給与体系の研究」(1)の発行
04月08日第9回関東地区会員大会(於甲府)
04月23日身体障害者就職座談会
04月29日第11回JCIアジア会議(於インド・カルカッタ)
05月02日子供の交通事故防止運動
05月07日霜田橋子供会運動会
05月09日JCI事務局長グラハム・ジェニンクス氏来日
05月10日ポケット会員名簿作成
05月13日「ぼくらの集い」(施設の子供達)
05月17日創立12周年記念式典
05月29日例会 水野成夫氏
06月02日身体障害者学生の集いにゴールド・メダル授与
06月04日~08月20日第7回商工人野球大会(亀戸球場、東京生命球場)
06月17日大阪JCとの交歓会
06月27日新入会員歓迎会
06月28日経済研究会 経済評論家高橋亀吉氏「所得倍増計画はどうなったか」
06月28日集中豪雨による被害を受けた飯田JCにポスターならびに義援金送付
06月29日「世界見たまま」アジア会議報告会
06月29日身体障害者雇用促進特別委員会発足
07月07日例会 唐島基智三氏
07月22日家族娯楽大会
07月22日東京JCニュース発行
08月07日例会 荒木万寿夫氏
08月10日ヤクルト本舗見学ならびに水泳会(青少年福祉センター慰問)
08月11日JCI副会頭ハーシュ・マンガルダス夫妻来日
08月17日青が島寄贈図書積み込み
08月20日~22日第2回東京JC会員大会
身体障害者雇用促進に関する決議文発表、舟下健三氏の講演「東京の改造計画」
08月20日~21日第10回全国会員大会(於旭川)
09月02日優秀青少年従業員表彰、ゴールドメダル賞授与式、ゆかたがけ討論会「あなたはJCに1.なぜ入ったか2.なにを得たか3.本当に入っているのか4.どうしようと思うか5.何を望むか」
09月07日例会 堀毛一磨氏
09月10日~12日経営管理セミナー「これからの中小企業の給与のあり方」講師 弥富賢之氏
09月23日首都圏整備特別委員会発足
10月01日赤い羽根共同募金参加
10月01日第16回JCI世界会議(於プエルトリコ・サンファン)
10月09日例会 斎藤栄三郎氏
10月09日セミナー参加者の集い(討論会)
経済情勢の分析、賃金および労務管理の問題
10月10日JCメンバーの政治意識調査のため、アンケートを全国1,681名のメンバーならびに東京JC368名のメンバーに対して行なった、回収は583通
10月02日「世界みたまま」パリ世界会議報告会
10月25日工場見学(いすず自動車川崎工場、寿屋多摩川工場)
10月26日勉強会 山田雄一氏「職場の人間関係」
11月07日例会 大宅壮一氏(第1回理事長選挙)
11月15日東京JC会員名簿発行(写真入B5判、2,000円で販売)
11月20日鼎談「JCの国際性に関する諸問題について」
服部礼次郎、小川定信、坪内嘉雄の各氏
11月24日JC教室 江木武彦氏「説得の話術」
11月27日プエルトリコ世界会議出席者を囲む会
11月29日第26回定時総会 役員選任規則制定
11月29日経済研究会 五十嵐昭夫氏「最近の労働情勢について」
11月29日身体障害者雇用実体調査
12月02日「身体障害学生の進学と就職」に関するパンフレット作成
12月02日JC教室 冠地俊生氏「説得の技術」
12月07日例会 坪内嘉雄氏
12月09日JC教室 冠地俊生氏「説得の技術」
12月09日クリスマス・チャリティー・パーティー
12月16日JC教室 石川淳二氏「リーダーシップを中心として」
12月18日第21回定時総会(日本JC)
12月23日精神薄弱児肢体不自由児養護施設訪問
12月25日東京JCニュース発行
12月27日仕事着寄贈(身障者が中心となり仕事をしている協文社に)
EnglishJapanese