年間スローガン・基本方針

  1. TOP
  2. >
  3. JCI東京について
  4. >
  5. 年間スローガン・基本方針

1. 【年間スローガン】

変革の起点
~新たな国際都市東京の創出~

2. 【基本方針】

東京が起点となる新社会システムの構築

新たな国際都市東京の創出を達成するため、私たちは中長期ビジョンの達成を追求して、レジリエンスに富んだ課題解決型人財の育成をしていく必要があります。まずは私たちが一丸となり、各々の政策の下に東京23区に最先端のコミュニティを創造し、日本全国や世界に成果を広く発信していくことで、東京は持続的に社会を良くするための仕組みが根付く都市となります。東京の輝きを集積し、日本と世界を牽引する、国際都市東京を共に創っていきましょう。

23の地域を背負い、最先端の地域コミュニティTokyoへ

23の特別行政区を有する東京。日本の首都である東京に身を置く我々は青年経済団体として、人口減少という逃れられない課題を克服しながら、地域の経済を活性化していく責務があります。その為に、各地区の産・官・学におけるカウンターパートとの強靭なパートナーシップを再構築し、青年の熱と力を持って最先端のテクノロジーを駆使しなら、23通りの新しい新社会システムを創出して参ります。そして多様性に特化した真の国際都市として、世界経済の最先端コミュニティTokyoとして世界に誇れる魅力を発信して参ります。そして、東京青年会議所が創り上げてきた歴史の上に、今こそ一丸となり、新しい力・魅力を持った組織として発展成長して参ります。

個人の成長でVUCAを生き抜く強い組織へ

メンバーが、事業や例会を通じて人としてリーダーとして成長し、その個の集合体が強い組織を形成していきます。その強い組織から発信される運動は、VUCAと呼ばれるこの時代を生き抜くヒントとインパクトを社会に対して与え、多くの賛同者と仲間を増やしていきます。その為に、メンバーに多くの成長の機会と役割を用意し交流の場を増やします。
例会だけでなく、23地区委員会の多くの運動や事業も動画で配信することで、現場でその場だけの発信では無く長期的に多くの方にJCI東京の運動と魅力を伝えていきます。わんぱく相撲も多くの子どもや親御さんへの運動発信の機会と捉え、メンバーを巻き込みJCI東京の魅力を発信します。

全国の起点たるプレゼンスの確立

1949年設立来、東京青年会議所は、日本の青年会議所の原点として各地の運動を牽引する存在でありました。2023年の全国大会東京大会に向けて、その組織的価値をより強固なものに確立しなければなりません。JCI、日本青年会議所、関東地区協議会、東京ブロック協議会との組織連携によって、2022年度の運動の効果を最大限に高めるとともに、世界各国のJCメンバーとのネットワークを構築し、日本国内の創始LOMとしてのプレゼンスを向上して参ります。

EnglishJapanese