荒川区委員会

スローガン・基本方針

2021年荒川区委員会のスローガンは「温故知新」です。私を含めたメンバー全員で伝統を踏襲し新しいことに挑戦する「温故知新」をスローガンとしてJCの本質をしっかりと把握したうえで新たな荒川区委員会を創出します。

2021年は新時代への転換期になると考えています。特にそれまで課題とされていた「考えにはあるが、行動に起こさずにいた事」が、新型コロナウイルス感染症をきっかけとして半ば強制的に表面化してきていると考えます。このような転換期を迎えた荒川区委員会では、以下の3点を行動指針とします。

1つ目はメンバーが充実することです。2021年当初の委員会メンバーはJC歴の平均がとても浅く、半分以上のメンバーが2年未満となります。メンバーが自身の生活とJC活動を両立するために、まずJCのことを知り、活気ある効果の高い委員会運営に努めます。

2つ目は会員拡大です。充実したメンバーによる活動が、会員拡大の基礎になると考えます。社会がどのように転換をさせていくかを予測し、リードしていくことが出来る人財となる機会を創出することで会員拡大につながると考えます。

3つ目は2020年策定された中長期ビジョンをメンバーが理解し、荒川区の地域の課題を調査することで具体的に抽出します。このような時代だからこそ行政や他団体と連携をすることで地域課題解決の効果を高めます。

JCの本質や今までの委員会メンバーの行なってきたことを把握し、1年間活動してまいります。

事業報告

事業報告一覧

ブログ一覧

1 2 3 15