文京区委員会

スローガン・基本方針

物質的豊かさだけでなく、心の豊かさが求められている現在、公的機関による支援の対象となる方だけでなく、対象とならない方に対しても啓蒙と支援を行う必要があります。私たち文京区委員会では、地域や関係団体とのつながりを強化することで地域課題の解決力を強化し、誰もが安心して心の豊かさを追求できる福祉社会の実現を目指します。
現在、地域における人と人とのつながりが希薄化し、または過度な同質性が求められた結果、よそ者を排除することにつながり、ひとり親家庭における児童や障がい者などが、コミュニティから孤立する状況があります。

それに対し、地域に根差した文京区委員会こそが、誰もが安心して心の豊かさを追求できる福祉社会の実現ができると考えます。
文京区委員会は、児童が、障がい者問題を学習し理解するための障がい者スポーツ体験学習をする地区事業を行い、児童のみならず各家庭においても障がい者問題への理解を深めます。
さらに、名称使用事業として、児童の健全な発達を目指すだけでなく、他の学校の児童や関係団体との交流を通じて、地域におけるつながりを強化する「わんぱく相撲文京区大会」を開催します。また、中学生に対し、地域における様々な職業体験学習を行うことで、職業の面白さと多様性を学ぶ「寺子屋」を行います。これらを通じて、地域とのつながりを強化し、誰もが安心して心の豊かさを追求できる福祉社会を実現します。

事業報告

ブログ一覧

1 2 3 5