北区委員会

スローガン・基本方針

残念ながら、我が国日本においては、人々の幸福度が高いとは言えません。
例えばIMF統計によればGDPが世界3位と恵まれた環境にいるにも関わらず、国連の調査によると幸福度は世界で62位という結果となっています。

少子高齢化社会に伴い労働者が減少していく中では、高い労働生産性を持つ人材が求められています。
幸福度の高い社会人は労働生産性が高いことが近年の研究で知られており、労働力不足に悩む中小企業こそ従業員の幸福度を向上させる取り組みが必要です。
自身の所属する企業の活動が社会に貢献している、必要とされていると認識することが、自己肯定感を生み、幸福度の向上につながります。

日本には元々「三方良し」という考え方があります。売り手買い手に留まらず、社会に貢献できてこそ良い商売という考え方です。これは国連が目指すゴールであるSDGsと大変近しい性質を持っています。今こそ、中小企業の隠れた財産であるSDGsを活用し、企業の価値を向上させることで、北区内の企業を東京で一番のSDGsに取り組む集団にしていきます。

この運動を通して幸福度の向上による経済発展に繋げることを目指します。
また、それをモデルケースとして発信する場を設け、北区から東京、そして日本全国の発展へつなげます。

ブログ一覧

1 2 3 21