台東区委員会

スローガン・基本方針

台東区は新型コロナウィルスの拡大によって大変な苦境にたたされています。これまで台東区の経済を支えてきたと言っても過言ではない外国人観光客がコロナウィルスの拡大により激減し、100年以上続いてきた老舗がいくつも閉店せざるを得ない状況にたたされるなど、コロナ禍で台東区はガラリと姿を変えました。

台東区委員会としては、予定していたわんぱく相撲、わんぱくトライアスロンの中止を余儀なくされ、思うような活動ができず地域団体との協力や連携を図ることができなかった1年となってしまいました。2021年は依然、新型コロナウィルスの拡大の収束が見えないなかで、この先の活動にどのような影響を及ぼすか分からない状況下にありますが、今後起こりうる社会課題を予測し、未来を創る活動を目指していきます。

また台東区委員会では2019年、2020年で13人の新入会員を迎えた一方で同じ数の13人が卒業していき、顔触れが一新され変革期を迎えました。2021年度は委員会や地区事業をはじめとした活動を通してメンバーに役割を与え活動することで仲間意識、結束力を高めメンバーの意識改革を図りたいと思っております。

台東区委員会では教育というテーマの基、地区事業を構築中です。新たな教育システムの創造を目指し、あらゆる教育団体と交流・ヒアリングを重ね、エビデンスに基づいた事業構築をし、事業を行う事で新付加価値人財の創出を目指したいと思っております。

ブログ一覧

1 2 3 25