2016年の活動は全て終了いたしました。最新の情報はこちらからご確認ください。

会員拡大特別会議




会員拡大特別会議  理事・議長 横田 美芽

Ⅰ.基本方針

かつて、1500人を越えたメンバーは現在その半数以下となっております。
Capital Cityであり、1949年で初めて設立された創始のLOMであるのにも関わらず、近年大阪、名古屋に次ぐ人数まで減少しました。2015年には83名が卒業し、2016年には109名、2017年97名、2018年64名(※現時点)の卒業が予定されています。
2020年元日に1000人を達成するという目標に向けた初年度である今年は、まずこの現状を理解し、20代〜30代前半の若い世代を中心に年間143%の目標を設定し、今まで各委員会が培ってきたノウハウを元に、確実な拡大に繋げていくことが必要です。
その為に、いくつかのPhaseに分けて行動をしていきます。
1 準備段階で各委員会へヒアリングシートを配布し、今までの拡大手法の成功事例・失敗事例を抽出し、分析。
2 拡大セミナーによるメンバー全体の意識付け。
3 各委員会と合同で、拡大イベントを開催。又例会を開催する委員会と共に入会候補者の動員をし、全体懇親会の中で囲い込みを行う。
4 入会審査にてアンケートを行い、新入会員の入会への動機を分析し、次の行動に生かしていく。又入会のきっかけとなった委員会を記載してもらい、隔月の理事会にて褒賞を行い、各委員会のモチベーションを高める。
以上4点をメンバー全員を巻込んで行うことで確実な数字に繋げていきます。






Copyright (C) 2016 TOKYO-JC All Right Reserved.