公益社団法人 東京青年会議所(東京JC)

公益社団法人 東京青年会議所

公益社団法人 東京青年会議所5月例会 ニュース読解力養成講座~メディアのプロが教えるニュースのミカタ~

5月例会 ニュース読解力養成講座~メディアのプロが教えるニュースのミカタ~

Updated date 2017-04-17

5月例会 ニュース読解力養成講座~メディアのプロが教えるニュースのミカタ~

選挙権年齢が18歳以上へ引き下げられたことが話題となり2016年参議院選挙にて高齢化が進む日本で、人口の少ない若者の声を反映させるためにも10代の投票率が注目されましたが、10代の投票率は46%と低い数字となりました。少子高齢化が進む中で、若者が政治に関心を持てなければ、高齢者を重視した政策が取られ、若者に向けた政策が取られづらくなり、将来において若者の負担が増していくことが推測されており、若者を中心とする都民が政治へ積極的に参加する必要があります。本例会では、若者の中でも特に大学生をターゲットとして、大学生が強い関心を持つ就職活動に役立つニュースセミナーという切り口で、投票経験のない大学生が、ニュースの見方を学ぶことでニュースに関心を持ち、自分なりの考えを持つようになることを目的とします。

 

■開催概要

【事業名称】5月例会 ニュース読解力養成講座
~メディアのプロが教えるニュースのミカタ~

 

【日時】2017年5月17日(水)19:00開会 21:00閉会

 

【場所】有楽町朝日ホール 東京都千代田区有楽町2-5-1

 

【スケジュール】
18:30 開場
19:00 開会
19:05 基調講演 平井文夫氏
19:35 大学生と講師によるパネルディスカッション
20:45 理事長挨拶
21:00 閉会

 

講師紹介

平井文夫氏
<主な略歴>
フジテレビ報道局上席解説委員。国内政治、及び外交などを専門。
大学卒業後、フジテレビジョンに入社。報道局外信部ワシントン特派員、『ニュースJAPAN』プロデューサー、首相官邸キャップ、報道センター編集長、取材センター室長兼政治部長、報道局専任局長、解説副委員長などを経て、2016年2月から上席解説委員に就任。

坪井ゆづる氏
<主な略歴>
1958年 奈良市生まれ
1982年、早稲田大学法学部卒業 
株式会社朝日新聞社論説員
1982年朝日新聞社入社。自民党、社会党、官邸、自治省などを取材。アエラ編集部員、be編集部副編集長などを経て、2003年 論説委員(内政担当)、 2007年から編集委員(自治分権・内政担当)。
【主な連載記事】
「分権のあしたへ」(06年)、「問われている・統一地方選」(07年)、「地域格差に挑む」(08年)2006年、全国知事会など地方6団体の新地方分権構想検討委員会委員、「第2期地方分権改革とその後の改革の方向」(ぎょうせい)刊行。 2008年から、京都大学客員教授(公共政策大学院「メディアポリティックス」担当)。日本自治学会理事を務める。

 

土屋直也氏
<主な略歴>
1961年4月20日生まれ
ニュースソクラ編集長
1984年早稲田大学政経学部卒業、同年日本経済新聞社入社1986年から3年間ロンドン駐在員としてサッチャー首相の英国と金融街シティを取材。1998年からの4年間のニューヨーク駐在中は、ウォール街を取材し、2001年9月11日の同時多発テロに遭遇。日本では主にバブル後の金融システム問題を日銀クラブキャップとして担当。 バブル崩壊の起点となった1991年の損失補てん問題で「損補てん先リスト」をスクープし、新聞協会賞を受賞。2014年7月 日本経済新聞社を退職し株式会社ソクラを創設。

 

【主催】公益社団法人東京青年会議所
【主管】公益社団法人東京青年会議所 政治行政政策特別委員会
【お問い合わせ先】公益社団法人 東京青年会議所 事務局
〒102‐0093 東京都千代田区平河町2-14-3 青年会議所2階
TEL:03-5276-6161
MAIL:office@tokyo-jc.or.jp

a

b