公益社団法人東京青年会議所

2月例会案内

Updated date 2017/03/02

2月例会 TokyoJC×ダイバーシティの流儀 
~多様な個性を組織の強みに~

 

開催概要

【事業名称】2月例会

      TokyoJC×ダイバーシティの流儀 ~多様な個性を組織の強みに~
 

我が国は、超高齢化社会に突入し労働力人口が年々減少し続けるという構造的問題に直面しています。
2030年の労働力人口は2014年の労働力人口6,587万人と比較し、787万人も減少すると見込まれています。大企業に比べて人材確保が総じて困難な中小企業においては深刻な経営課題となることが予測されます。政府が「一億総活躍社会の実現」を掲げる他、東京都でも多様な個性や価値観をもつ人々の社会参画を後押しする制度の導入が促進されている中、多様な個性を組織の強みとして活かす「ダイバーシティマネジメント」を導入し、実践する企業や組織が増加しています。労働力人口減少問題については、問題解決モデルを他国に求めるのではなく、日本が世界で最も早く少子高齢化が進んでいる危機を再認識し、日本の首都東京から世界に先駆けて新たな価値観を創造し、推進、実行に移してしていくことが喫緊の課題です。

 

■開催概要
【事業名称】2月例会 TokyoJC×ダイバーシティの流儀 
~多様な個性を組織の強みに~
【日時】2017年2月22日(水) 19:05開会 21:10閉会
【場所】Zepp DiverCity (TOKYO)  東京都江東区青海1丁目1-10 ダイバーシティ東京プラザ

JCメンバー以外の方へ、事前登録はこちらにてお願いします 
http://goo.gl/EyJwgr

スケジュール

18:30 開 場
19:00 オープニング映像
19:05 開会・オープニングスピーチ
19:10 ダイバーシティ・カンファレンス
20:20 講評・総括 齋藤ウィリアム浩幸氏
20:30 基調講演 佐々木かをり氏
21:05 ロードマップ共有
21:10 閉 会

講師紹介

齋藤ウィリアム浩幸氏
<主な略歴>
1971年カリフォルニア生まれ。16歳でカリフォルニア大学リバーサイド校に合格。同大学ロサンゼルス校(UCLA)医学部を卒業。10代で商用ソフトウェアのプログラミングを始め、その大学在学中にI/Oソフトウェアを設立。1998年に27歳で「アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー」(アーンスト・アンド・ヤング、ナスダックおよびUSAトゥデイ主催)を受賞。暗号、生体認証、サイバーセキュリティに関する第一人者でもある。

2005年に拠点を東京に移し、株式会社インテカーを設立。コンサルタント会社として、企業がグローバルに認められ、革新的な技術がビジネスとして成功するための助言を行いながら、時としてベンチャー企業に資金援助も行う。アントレプレナーの手助けに情熱を傾ける傍ら、日本の政府機関への協力や、大学の講義、政策提言を行う。講演活動をはじめ、出版物やテレビなどメディアを通じて情報発信している。

各国の政府機関に対する支援活動を行うなか、日本では、経済産業省、総務省、文部科学省、国土交通省、独立行政法人・産業技術総合研究所、情報処理振興事業協会などの機関に対して支援協力の実績がある。

 

佐々木かをり氏
<主な略歴>
株式会社イー・ウーマン代表取締役社長
株式会社ユニカルインターナショナル代表取締役社長
国際女性ビジネス会議実行委員長

 

◆プロフィール
上智大学卒業後、通訳・翻訳等を提供する(株)ユニカルインターナショナルを設立。2000年には市場創造のためのマーケティングコンサルティング会社(株)イー・ウーマンを設立。斬新なインサイトを提供し、味の素「トスサラ」などヒット商品を生み出す。また毎年1000人が集まる「国際女性ビジネス会議」を20年以上毎夏開催。ダイバーシティの第一人者でAPEC、OECDなど国内外で日英での講演も1500回を越える。独自の「アクションプランナー」時間管理術講座も人気。現在、上場企業等の社外取締役、社外監査役、博物館等の経営委員・理事、内閣府等の政府審議会委員等を務める。著書多数。「ニュースステーション」レポーター、CBSドキュメント」アンカーなど歴任。現在も、テレビ、雑誌、新聞等のコメンテータを務める。二児の母。

 

【主催】公益社団法人東京青年会議所
主管:公益社団法人東京青年会議所 総合政策委員会
【協力】経済産業省 東京都 特別区長会 東京商工会議所 
    一般社団法人ダイバーシティ推進協会 株式会社wiwiw
【お問合せ先】公益社団法人 東京青年会議所 事務局
〒102-0093 東京都千代田区平河町2-14-3 
       青年会議所会館2F TEL:03-5276-6161 
 
MAIL:office@tokyo-jc.or.jp
【参加申し込みフォーム】http://goo.gl/EyJwgr

a

b