公益社団法人 東京青年会議所(東京JC)

JCの金沢会議がこの土日に行われました。
金沢会議はSDGsが制定された2015年から5年間に渡る会議で、SDGsについて学ぶことができる会議です。

東京の5月例会をもつ国際政策室の一員としてはSDGsをより知らなければと思い、今回初めて参加しました。

SDGsの見識が深まったのは言うまでもありませんが、最もインパクトを受けたのは、日本青年会議所の今年の筆頭会議体になるUN主催の「少年少女国連大使プロジェクト」の子どもたちの発表でした。
金沢会議_発表1

 

高校2年生の女の子が最初に
「突然ですが、私は自分の行動が世界につながっていることを信じてやみません。」

その言葉から始めるスピーチは感動で身震いするほどでした。
金沢会議_発表2

 

また別の小学6年生の子が、カンボジアに行った時の話。
金沢会議_発表3

「カンボジアの子どもたちに
『将来の夢は何?』
と聞くと
『将来の夢ってなに?』
と聞かれました。

夢すらも見ることもできないカンボジア子どもたちの、将来の夢を応援することが、私の夢です」

という言葉。
この子の未来はきっと、世界を変える人になっていくのだと確信するほどでした。

 

少年少女国連大使、今年も行なわれます。

親である身としては、自分のこどもが参加できる歳になったら、是非参加させたいと思う事業でした。

↓↓↓

2018年のプロジェクトの募集がいよいよ開始しました。
自分のお子さんを行かせたい方はぜひともチャレンジさせてあげてください。
たくさんの志ある子供達の参加を心よりお待ちしております。
http://www.jaycee.or.jp/2018/org/unkankei/?page_id=451

 

新宿区委員会では、一緒に世界を変える仲間を募集しております。
興味ある方は以下のFacebookページから気軽にメッセージください。
https://www.facebook.com/jcShinjuku/