総務室

理事・室長 山﨑 恵

東京JCは70年に渡る歴史の中で培われた仕組みを踏まえ、新たな時代を開拓していける運営体制への変革が求められています。その変化の支えとなるのが総務室であります。社会に目を向けると新時代に向け、企業の中の運営体制もIOT化などが求められ、新時代の体制への変換が余儀なくされています。東京JCがこの何年間で掲げているダイバーシティの実現のためには運営方法の改善が急務であります。
東京JCの運営の改革を阻む障害は、東京JCに留まる問題ではなく、多くの企業が体験している壁であり、その障壁を東京JCとして果敢に突破する運営体制を築くことは、社会にとっても一つの模範となりうることです。そのために組織マネジメント特別会議が精査したツールを総会及び理事会などの諸会議、例会で運用し、新時代のめまぐるしい変化に対応できる会議体への変革の支えとなります。東京JCの新たな変革の基礎を固めるために基本資料の内容を精査し、後に続く世代へと引き継いでいきます。メンバーから徹底的なヒヤリングを行い、現状の問題点の洗い出し、他団体の運営方法を徹底的に調査し、新時代の運営方法の確立を目指します。未来を切り開くことができる新時代の会議制度・例会開催方法を携え、同じ志と多様性をもった「個」が集い勢力的に展開される東京JCの運動は社会変革を引き起こし、未来への大きな力となり、新時代を切り開く東京を創造します。

総務委員会

委員長 柳田 貴裕

政策室、各地区委員会および各会議委員会と連携し組織体制を構築することができれば、理事会、総会、例会および各地区委員会の運動と事業を円滑に行うことができます。総務委員会は、東京JCの各室、会議および委員会の各々の役割を理解した上で横断的な連携を強化し、建設的な議論ができる効率的な会議運営を行い、運動の効果を最大限に発揮できる環境を、そして、事業を円滑に実施するための組織体制を構築する必要があります。
まずは、総務委員会として入会審査において審査を担当する理事および事務局と連携することで入会審査を滞りなく運営することができます。そして、建設的な議論ができる環境と新時代に沿った効率的な会議を運営するために、今まで培ってきた運用方法とルールを引き継ぐとともに基本資料と定款諸規則の精査および改訂、組織マネジメント特別委員会によって見直された議案上程システムおよび上程方法に対するメンバーへのフォロー、諸会議の開閉会時間厳守の徹底をすることで、東京JCとしての円滑な協議および審議を実現します。さらに、東京2020大会に関する運動をはじめとする東京JCのすべての運動の効果を最大限に発揮するために、東京JCメンバーへの案内ならびに協力発信を適切なタイミングで随時行い、東京JCの根幹を支える委員会として運動をサポートします。また、東京JCの事業を円滑に実施するために、事業審査の基準となるガイドラインを基にした名称使用議案の審査を行うことで、各室、会議および委員会に対する総務委員会としての盤石な組織体制を構築します。
新元号「令和」そして2020年度という節目にふさわしい効率的な会議運営こそが、横断的な連携が強化された東京JCの運動および事業を支え、そこで生まれる最大限に発揮された効果が次年度以降の更なる東京JCの発展につながり、新時代を切り開く東京を創造します。

例会運営委員会

委員長 稲村 紘志郎

例会は東京JCで行っている運動を対外・対内的に発信する一番の機会です。この機会を最大限に活かすために例会運営委員会が存在しています。主管委員会は例会への準備に直前まで追われる事が多く、当日の細かな運営にまで目を向けられない現状があります。例会運営委員会は主管委員会と同じ想いを持つ第一の賛同者である必要があります。
そのために、例会を構築する初期の段階から主管委員会と行動を共にし、社会課題や目的に対する理解をし、例会開催当日のイメージを共有する事で、より魅力ある例会を作りあげる事に努めます。また、例会運営委員会は当日の運営に特化するだけでなく、例会を作り上げるアドバイザーの立場でもあるべきです。主管委員会に寄り添う事で、目的を達成するための企画や事業後の検証もサポートをしていきます。各例会が単発のイベントとして終わるのでなく、次月に開催される例会のPRを他の委員会と協力して行って参ります。また、一つ一つの例会を積み重ね、2020年度以降に繋がる基本となる例会マニュアルを作成して参ります。
例会は、関わるメンバーや行政・関係団体、市民が変化するきっかけの場となります。既存の運営方法に縛られることなく、常に新しい視点を持ちながら、例会を作り上げることで、関わる人々の主体的行動を促すことで「新時代を切り開く東京」の実現を目指します。