時代を創造する先駆者たれ

時代を創造する先駆者たれ

我々の所属する新宿区は人口34 万8 千人、内外国人は4 万3千人という1 割以上の人々が外国人という都内一の多文化共生社会を織りなしています。

異なる文化を持つ民族が互いを認め合い共生する社会を創りあげることは、JC 活動の理念と一致します。

一方で過去5 年間で会員拡大に成功した我々ですが、5 年後には58 名のメンバーが新宿区委員会を卒業します。

魅力的な発信で会員拡大を推進するだけではなく、同志を集め質の高い運動を展開すべきです。

メンバー数の増加に伴う運営面の弊害は、委員会や例会の参加率に如実に表れています。

既存の概念を破壊し、状況に即した運営が求められています。

そこで以下の3 つに焦点を絞り活動を行っていきます。

①多文化共生事業を主とした他団体とのコミュニティ単位での交流と東京2020 大会の活用

②情報発信を積極的に行い志を同じうする者を拡大し会員開発にて個々の能力を高めJC 活動の意味や意義を理解・伝播する

③運営面での効果的かつ効率的な変化への挑戦。既存概念の破壊とともに新宿区委員会だからこそ生まれる発想力やアイデアを生かします。

また、

失敗を恐れない気概こそが青年としての魅力

と定義し、新たな時代にふさわしい委員会となるよう「先駆者」としての行動を常にとります。

JC 活動が目的ではなく、JC 活動を通じた貢献こそが目的と捉え、新時代を切り開く東京を創り出します。

新宿区委員会トップページへ