To engage all members

デザイン思考とは

1

課題解決のマインドセットです。

「デザイン思考」は、 「課題解決、問題解決のための考え方(マインドセット)」です。

新しいアイデア、クリエイティブな問題解決、斬新な商品やサービスを生み出す思考方法として、いま、さまざまなところで注目され、普及してきています。

この「デザイン」とは design / 設計するという意味で、日本人が「デザイン」と聞いて考えるアートやイラストなどとは異なる意味です。

2

イノベーションを起こす手法として、多くのプロジェクトに用いられています。

「デザイン思考」は、スタンフォード大学の d.school やサンフランシスコのデザイン事務所 IDEO によって有名になりましたが、この「デザイン思考」は、apple の初代マウス、iPad の開発、任天堂の Wii などにも用いられ、Yahoo!JAPAN でも近年全社的に取り入れられています。

シリコンバレーのスタートアップ企業をはじめ世界各国の IT 企業やグローバル企業がこぞって取り入れるこの「課題解決の新しい手法」は、企業だけでなく、社会課題や地域活性化のためにも役立つものです。

Teamの特徴

1

人気書籍「実践 スタンフォード式 デザイン思考」著者によるワークショップを体験できます。

このプラグラムでは、人気書籍「実践 スタンフォード式 デザイン思考」著者のジャスパー・ウー氏に講師を務めてもらいます。

ジャスパー・ウー氏は、スタンフォード大学による d.school にてデザイン思考を学び、数多くのセミナーを務め、日本におけるデザイン思考普及の第一人者です。

2

さまざまな学生と知り合い、team が作れます。

デザイン思考のワークショップは、ただ講義を聞くセミナーとは違い、さまざまなグループワーク、アイデア出し、外でのインタビュー、プロトタインピング(試作モデルの作成)などの「協働作業」が必要となります。

さまざまな大学から参加するバックグラウンドの異なる学生たちと、チームとなって行う3日間は、なにものにも代えがたいものになります。運営補助には、同じ大学生のアイセック・ジャパンの学生やその他の大学の学生が入ります。

講師紹介

ジャスパー・ウー ( Jasper Wu )

スタンフォード大学による d.school にてデザイン思考を学び、デザイン思考のワークショップのファシリテーターとしてキャリアをスタート。

その後 Samsung Strategy and Innovation Center でデザインエンジニアとして活躍し、株式会社メルカリを経て U-NEXT に入社。2019年10月より CXO ( Chief Experience Officer ) を務める。

プライベートでもデザインワークショップなどを行うほか、2019年9月には書籍「実践 スタンフォード式 デザイン思考 世界一クリエイティブな問題解決」を刊行する。

Please let me know if there has any question.
Thank you so much!

開催概要

第1期 (定員30名)

DAY 1

9/11 (金)

18:00 – 20:30

チーム分け
アイスブレイク
デザイン思考レクチャー

DAY 2

9/12 (土)

11:30 – 16:30

デザイン思考ワークショップ
( エンパシーマップ / 問題定義 / アイデア出し / ソリューションスケッチ /プロトタイピングシンキング )

DAY 3

9/20 (日)

13:00 – 16:30

デザイン思考ワークショップ
( 振り返り / プレゼンテーション / フィードバック )

第2期 (定員30名)

DAY 1

10/3 (土)

18:00 – 20:30

チーム分け
アイスブレイク
デザイン思考レクチャー

DAY 2

10/4 (日)

11:30 – 16:30

デザイン思考ワークショップ
( エンパシーマップ / 問題定義 / アイデア出し / ソリューションスケッチ /プロトタイピングシンキング )

DAY 3

10/11 (日)

13:00 – 16:30

デザイン思考ワークショップ
( 振り返り / プレゼンテーション / フィードバック )

※チームとしての成果をあげるため、プログラムの一部のみの参加はできません。
※1期、2期いずれかのみの参加となり、両方の参加はできません。
※プログラムは、6人程度の大学生が1つのチームになり、進行します。
※留学生も参加するため、日本語・英語両方でのコミュニケーションがあります(グループワーク時には、必要に応じて、通訳のための補助者がサポートします)。


Web 開催

本プログラムは Zoom などのオンラインツールを用いて行います。
お申し込みいただいた方に Zoom の URL などを御連絡いたします。

※ Zoom のほか、グループワークをより効果的に行うため Miro(オンラインボードサービスアプリ)を用いますが、操作方法などは事前にご説明します。

※ 各ワークショップは、インターネット環境が整ったところで、パソコンを利用して参加していただきます(スマートフォンでの参加はできません)。個々の状況によっては、あらかじめご相談いただければ、インターネット環境が整った場所をご用意することも可能ですので、相談ください。


募集要項

[参加資格]
以下のいずれの条件も満たす方
〇大学/大学院生(高校生については、条件によって参加することが可能な場合もありますので、下記問い合わせ先に御連絡ください)
〇プログラム(1期または2期)の3日間の参加時間が確保できる方
〇プログラムに積極的に参加し、他の参加者と交流・協働ができる方(さまざまな学校、バックグラウンドの方が参加いたします。ぜひ積極的な交流をお願いします)

[参加費]
無料(通信費その他は自己負担となります)

[参加方法]
申込フォームに必要事項を記入いただき、お申込みください。
定員等があるため、申込み後、審査のうえ、参加者の方に御連絡をさせていただきます。


主催・協力団体

東京青年会議所とは


公益社団法人東京青年会議所は、25歳から40歳までの会社経営者、自営業者、議員、サラリーマンなど様々なメンバーで構成された団体で、社会課題の解決などに取り組んでいます。

アイセック・ジャパンとは


特定非営利法人アイセック・ジャパンは、126の国と地域で活動する世界最大級の学生組織 AIESEC の日本支部として、海外インターンシップ事業を運営する学生団体です。
1962年に設立され、現在では国内25の大学委員会が活動しています。日本では特定非営利活動法人 (NPO法人) の資格を取得し、国内の学生や法人様に対して海外インターンシッププログラムをご紹介しています。

主催者
[主催]公益社団法人東京青年会議所
[主管]公益社団法人東京青年会議所国際政策委員会
[協力]特定非営利活動法人アイセック・ジャパン
[問合せ]公益社団法人東京青年会議所
事務局 〒102-0093 東京都千代田区平河町2-14-3 青年会議所会館2階 電話 03-5276-6161
担当 公益社団法人東京青年会議所国際政策委員会 前田
メールアドレス : kokusai2020jc@gmail.com